正しいペニスサイズの測り方を教えます

自分のペニスって小さいかも!と思っているアナタ。ペニスのサイズなんて測り方次第では簡単に3cmくらいの誤差がでてしまいます。

ペニスの測り方が間違っているために、自分は短小なのだと思い悩む人も少なくないはずです。

そんな無駄な悩みを抱かないためにも、今回はペニスサイズの正しい測り方を紹介しておきたいと思います。


1:ペニスサイズの正しい測り方

通常の状態と勃起している状態でサイズの測り方は違っていると思っていませんか?

それは間違いです。通常時でも勃起時でもペニスサイズの測り方は基本同じです。

ただし医学的な想定方法と実用的な測定方法の2種類があることを知っておきましょう。

医学的な測定方法というのは、泌尿器科や美容クリニックなどで用いられている測定方法です。

これはまっすぐ立った状態で測定してください。水平な状態のペニス上部に根元まで物差しを押し付けて測定します。

この方法であれば、太っていても痩せていても影響されない測定が可能になります。

太っている人はお腹の脂肪にペニスが埋没してしまいますので、本来の長さを測定するには物差しを恥骨に当たるくらい強く押し付けるようにして測定します。

勃起時と通常時のどちらであっても、同じ方法で測定します。

次に実用的な部分の測定方法です。

つまり、実際にセックスをする際に有効となる部分のペニスの長さを測定する方法です。測定の仕方は医学的な方法と基本同じです。

ただし、物差しを恥骨まで強く押し付けることはせずに、お腹にゆっくり押し当てる程度でOKです。

この長さが実際に女性に挿入することができる部分になりますので、実用的なペニスの長さを知ることができます。


2:亀頭や陰茎の太さの測定方法

亀頭部分の大きさを測定する場合は、亀頭の一番幅が広い場所を測定してください。その部分があなたの亀頭の太さとなります。

ペニスの長さよりも亀頭の大きさが重要という女性も多いので、ぜひ亀頭のサイズも測定してみてください。

陰茎の太さを測る方法ですが、亀頭下から根元の中間地点くらいを測定してください。物差しよりもメジャーの方が正確に測定できるようです。

メジャーであれば、そのまま陰茎の外周を測定することも可能です。この部分のサイズがペニスの太さに直結します。

長さと太さのどちらを優先的に大きくしたいのかを知ることができますので、ペニスの長さだけでなく、太さも重要です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ