ちんちんが小さい人が知っておきたい事

自分のちんちんが小さいと思っている人は以外に多く、特に中学生・高校生などの思春期を迎える男子にとってはとても深刻な悩みの一つとなっています。
しかし悩んでいる人全員が本当にちんちんが小さいのでしょうか?

聞くに聞けないちんちんの事につていみていきたいと思います。


1.ちんちんが小さい原因

「ちんちん」つまり陰茎(ペニス)が小さくて悩んでいる人はたくさんいますが、体の成長には個人差もあるので大きさにかんしては人によって捉え方は様々です。

例えばちんちんが小さくても全く気にしなければ日常生活をする上で何ら支障はありません。

しかし人の目と言うのはやはり気になるものなので、小さくて男性としての自信が持てず女性との付き合いにも消極的になってしまう男性もいるのです。

中には子供の病気で「小陰茎」または「ミクロペニス(マイクロペニス)」と言ってちんちんが小さい病気がありますが、根元から先端までの長さが2.5センチ以下のため立っておしっこしてもズボンにかかってしまったり、小さすぎて周りからからかわれたりと精神的な影響も与えてしまいます。

先天的な男性ホルモンの分泌異常での発育不全が主な原因とされているため、治療に関してはホルモン療法が有効とされています。

思春期以降でちんちんが小さい場合は包茎が原因となっている場合が多いです。

そのため包茎治療が効果的な手段となりますが多くは見た目で小さく見えるだけだったり、本人の気にし過ぎの場合も多いのが現状です。

しかし男性ならばやはりちんこを大きくしたいと思うでしょう。

そのためにはまずは病的なものがないのかどうかを知ることが大切なのです。


2.実は立派なちんちん!?

ちんちんが小さい人が勃起するとすごく大きくなるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

勃起時にどのくらい大きくなるかは勃起時の膨張率が関係してきますが、もう一つ重要なのが体の中に埋まっている部分です。

靭帯の引っ張る力が強いと通常時は体の中にちんちんが埋没したままになってしまいます。

そのため見た目が小さいのですが、勃起時には埋まっている部分も出てきますのですごく大きく見えるのです。

また太っている人など皮下脂肪がお腹についている人は脂肪によって隠れてしまうため見た目が小さく見えるという事もあります。

この埋没しているちんちんを引き出してあげることでちんこを大きくする事ができるのです。

これには手術による方法とトレーニングによる方法、時にはダイエットも効果的と言われています。

それぞれの方法にメリット・デメリットもあるのでそれらをよく知った上でちんこを大きくする手段として覚えておくとよいでしょう。

小さくても実は立派なちんちんを持っている!と言う事もありますので、見た目だけで諦めてしまうのは早いと言う事も覚えておきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ