「デブのちんこは小さい」の理由

デブ、つまり肥満体形の人はちんこが小さいというのを聞いたことがあるのではないでしょうか。これにはしっかりとした理由があるのです。

太っていてちんこの大きさに悩んでいる人に知ってほしい内容をまとめてみました。


1.ちんこの構造と肥満の関係

ちんこは陰茎海綿体が大部分を占め、そこに血液が一気に流れ込むために固くなり勃起がおこると言う事は知っている人も多いと思います。

しかしペニスは体の中に埋まっている部分も多く、3分の2は体の中に埋まっていると言う事を知っている人は案外少ないです。

つまり見た目だけではなくて見えないところにもちんこは隠れているのです。

しかし太っていると下腹部に脂肪がつきちんこの周りも当然ながら脂肪がつきます。そうするとちんこが脂肪で覆われてしまい見た目的に短く見えてしまうのです。

また体が大きいのでバランスが悪くなり余計に小さく見えてしまうと言う事もあるかも知れません。

これらが「デブはちんこが小さい」と言われる理由です。

もちろん肥満でもともとちんこが小さい人もいますが、必ずしもデブ全員が小さいと言う訳ではないのです。


2.ダイエットがちんこを大きくする!

太っていてちんこの小さい人は、サプリメントやチントレでちんこを大きくするのと同時にダイエットで肥満解消にも取り組みましょう。

太っている人は自分のちんこの根元をグッと押すとちんこが伸びたように見えると思います。

これが脂肪の部分でこの部分がスッキリするだけで見た目にもだいぶ変わってきます。

ダイエットの方法としては筋トレなどで部分的に鍛えるよりも、ウォーキングなどの脂肪を燃焼する有酸素運動が効果的です。

特に肥満体形の人は無理な運動で膝などの関節を痛めてしまう事もあり得ますので、体力的な事も見ながらプールなどの体の負担が少ない運動もオススメです。

ダイエットで下腹部などのお腹周りの肉が取れると見た目にちんこが大きく長くなります。

つまりデブの人はダイエットをする事でちんこを大きくする事が出来るのです。

中にはもともと小さい人もいますが、余計な脂肪が付いている事でなおさら小さく見えてしまいます。

デカチンというまでにはいきませんが、まずは自分の本来の大きさに戻してあげましょう。

サイズアップするチントレやサプリメントなどももちろんちんこを大きくするには効果的ですが、ダイエットをする事で更により効果を実感する事ができるでしょう。

もともと脂肪がついていない細め体系の人がダイエットをしてもちんこは大きくなりません。

つまり肥満体形の人は普通の人よりもちんこを大きくしやすいといえるでのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ