デカチンの基準ってあるの?!

ペニスを大きくしたい、それは男性ならば誰もが願う事でしょう。

しかしペニスサイズは個人差がありますし、成長期を過ぎてからではと諦めにも似た気持ちを抱いてる人も少なくありません。

ですが、諦める必要など決してありません。ペニスが大きな人と一般の違いを知って、巨根はのヒントを探してみましょう。


1.ペニスサイズについての考察

大きいペニスの基準について考えてみましょう。

デカチンというくらいですから太さも基準になってきます。木の幹と同じで太い方が雄大なイメージとなるはずです。

また柔らかそうな見た目よりもガチガチな方が逞しく見えることでしょう。つまり、ペニスサイズというのは長さだけではなく、太さや硬さといった所も基準になってくるという訳です。

長く太く硬いデカチンを持ちたい、男性ならば誰もがそう思うのではないでしょうか。しかし具体的にどうしたら大きくなれるのかは分からないのではないでしょうか。実際に、デカチンと呼ばれる人達の特徴を見て見ましょう。


1. 先天的、後天的な特徴

手のひらや足のサイズが大きい人はペニスも大きめという傾向にあります。

また、指の長さも重要なポイントで、人差し指よりも薬指が長い人はペニスが大きい事が多いようです。

昔から言われてる事ですが、鼻が立派な人はペニスも立派な傾向にあると言われています。医学的に関係性が研究された訳ではありませんが、概ね正しいのではないかというのが一般的な考え方です。

身長が大きい方がペニスも長くなる傾向にある、これは研究によりある程度明らかになっています。
あと、後天的な特徴としてペニスも肉体の一部ですからたくさん食べれば当然成長します。栄養素にこだわって食事をしたりペニス成長に欠かせないサプリの補充なども良さそうです。


2.努力を怠らない

ペニスは成長するものです。

包茎を改善したりサプリメントを服用したりマッサージをしたりしていけば、いずれデカチンになる基準になる事でしょう。

特に常時、ペニスの皮が被っている状態ではデカチンなる成長作用を抑制してしまいます。

デカチンの基準として、小学校高学年から高校生くらいの成長期にペニスの皮が剥けた人はペニスが全体的に大きいという報告もあります。

まずは、包茎改善への取り組みを始めましょう。

遺伝や先天的なものに関しては正直なところどうしようもありません。しかし、後天的なものであれば真似をしていけば、ペニスのサイズアップの基準に役立つはずです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ