ちんこを大きくするなら成長期が一番効果が高い

ちんこを大きくするためにサプリを飲んだり、トレーニングをしたりする男性が多いのですが、これはちんこの成長期にするのが一番効果的だそうです。


1:ちんこの成長期

ちんこが一番成長する時期といえば、やっぱり思春期でしょう。

男性の思春期は13歳や14歳からはじまり、それが5年〜6年くらい続くといわれています。つまりちんこの大きさも13歳〜20歳くらいまでに形成されることになります。

たしかに私自身も中学生くらいから徐々に大きくなり、20歳を超えてからはほとんど成長しなかったように思います。

この成長期にあわせてちんこを大きくするサプリやトレーニングをするのが一番効果的なのです。

さすがに13歳や14歳くらいでちんこを大きさを気にする男性はほぼ皆無だと思いますが、17歳や18歳になってくると自分のペニスの大きさを気にする男性も増えてくるでしょう。

修学旅行で同級生と一緒にお風呂に入ったり、彼女とセックスする男性もいるでしょう。さらに大学生くらいになるとちんこの大きさに真剣に悩みだす男性が増えてきます。

なかには大学生くらいでちんこ増大手術を受ける人も結構いるそうです。

18歳〜20歳くらいといえば、まだまだペニスもカラダも成長期真っ盛りなので、十分に成長する可能性が残されています。

このときにちんこ増大サプリやちんこ増大トレーニングをすると、30代や40代になってからよりも高い効果が期待できるのは言うまでもありません。


2:ちんこの成長期にオススメのトレーニング

思春期の男性ならば、きっと自慰行為をする人も少なくないでしょう。

そのついでと言ってしまうと失礼かもしれませんが、自慰行為を少し工夫するだけでちんこ増大のトレーニングになることを知っておくと良いでしょう。

ちんこ増大トレーニング方法をネットなどで検索すると色々と紹介されていますが、どれも自慰行為と同じような感じで行いますので、自慰行為を始める前に5分くらいトレーニングするだけでも効果はあるはずです。

もちろん成人してからでもトレーニングによってちんこは成長しますが、より効果が出やすいのが成長期でもある10代後半の時期なのです。

このときの努力次第で、その後のちんこ<の大きさにも違いがでてきますので、成長が止まってから後悔するよりも、10代のうちから正しいちんこ増大トレーニングを身につけておくと良いでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ