通常時のちんこを大きくする方法

ちんこの大きさを見る時に比較対象となるのは通常時の大きさかそれとも勃起時の大きさどちらなのでしょうか?

ちんこを大きくする方法もふまえて通常時と勃起時の大きさについて詳しく見ていきたいと思います。


1.医学的には勃起時が基準

日本人のちんこの長さは平均13cm前後とされています。

ちんこの長さについては実に様々な情報が飛び交っているというのが現実ですが、どのデータを見てもこの13cm前後と言うので間違いはなさそうです。

この数値はというと勃起時の長さになります。

しかし私達が普段他の人のちんこを見て大きさを比較してしまうのは勃起時ではなく通常時のちんこです。

他人の通常時のちんこと比べて小さいと感じるからちんこを大きくする方法を知りたいと思うのです。

つまり医学的には勃起時が基準ですが、一般的には通常時が基準になっているのです。

ちんこは体温や気温・環境によっても微妙に大きさが変わります。寒い時や体調が悪い時などはちんこはいつもの大きさからさらに縮こまって小さくなっています。

つまりちんこの長さを測ろうとパンツをおろしただけで長さが変ってしまう可能性があり、それでは正確なデータをとる事が出来ません。

また通常時の弛緩した状態では長さを測るのも一苦労です。

そのため医学的な正しいデータを取ろうと思うと勃起時と言うのが基準になってくるのです。


2.大きくしたければ規則正しい生活が基本!

通常時のちんこを大きくする方法にはどのような方法があるのでしょうか?

手術やトレーニング・サプリメントなどそれぞれにメリット・デメリットがあるのでどれがいいのかは人によって捉え方が違うと思います。

しかしここで覚えておいてほしいのは、すべて規則正しい生活が大事と言う事です。

乱れた生活やバランスの悪い食生活などは生活習慣病になる危険性が高くなるとも言われています。

昔は糖尿病や高血圧・動脈硬化などは成人病と呼ばれていましたが、その原因が生活習慣にあると言う事がわかり、名前を変え現在は生活習慣病と呼ばれるようになったのです。

実際に生活習慣病は今や現代病とも言われています。

トレーニングやサプリメントなどは血流を改善して海綿体に流れ込む血液量を増やす事でちんこを大きくするという仕組みになっていますが、生活習慣病はドロドロ血になりやすいため海綿体に流れ込む血液量が制限されてしまいます。

そうなると勃起がうまくいかなかったり、固さや大きさが不十分となってしまうのです。

まずは規則正しい生活で健康的な体を作る!ちんこの血流が良くなればトレーニングやサプリメントの効果も十分出やすく、通常時のちんこの大きさにも変化が表れてくる事でしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ