知恵袋には、ちんこを大きくする方法がいろいろ詰まってます

ペニスはその人の隠れた顔です。その人となりを表しています。ところがパットしない風体の人がデカチンだったら、評価は変わりますよ。

この人はひょっとして・・と言う具合に。ちんこを大きくする方法で大きくなあれ、知恵袋を使ってもっとーもっとー大きくなあれーです。


1.みんなの憧れ、デカチン。昔取った杵柄

皆さん(ちんこを大きくする方法)を限りなく試してきたと思います。氷水に漬けてみたり、定規で叩いてみたり。

色んなやり方が(知恵袋)になって今でもそこから引っ張り出して実践しています。案外皆さんもそうじゃ無いですか。

(ちんこを大きくする方法)って百科事典に載っているわけでも、NHKの番組でやっている訳でもないです。

最近でこそネットでそれらしいのを調べる事はできますが、やはり経験あるのみでしょう。気合が違います。

昔先人の教えの中に、ペニスの根元をワゴムで止めて血管が浮き出てきてギンギンになったところを、竹で叩けと聞いたことがあります。

そうそう竹なんか手に入らないので、30センチの定規を使ってバシンバシン叩いていた事を思い出します。

何の効果も無かったですね。ただ痛いだけで、挙句に毛細血管が切れて赤黒くなっただけでした。

次にタマ袋を掴んで、下に引っ張るという荒業もやりましたね。思いっきりですよ、妙な痛さがこみ上げてくるだけでした。

あとスタンダードなやり方として、濡れタオルを何枚か勃起したぺにすに掛けるのですが、此処から先何かをするということでもないんですね。


2.今はスマートな時代それに合わせてスマートにデカチンを

以前のやり方は、単に修行でした。(知恵袋)には(ちんこを大きくする方法)は詰まっていたんですが、チョット滝に打たれるイメージですね。

そうそう次に流行ったのが、吸引ポンプ。細長いコップ状の筒にペニスを入れて、ゴム袋をキュッキュッと押せば中の空気を外に出して、真空状態になるわけです。

そうするとペニスも海綿体の血液が吸いだされるように膨張します。巨大化ペニスの誕生!となるんですが、そこは単なる器具ですから。

暫くするとしっかり元に戻ります。当然ですが、あんな物がよく流行ったなと思いますよ。今でも売ってますけどね。

でも今は何でもありです。私も色々試して見ましたよ。まず最初に採った(ちんこを大きくする方法)は、ヒアルロン酸の注入です。

麻酔を塗っているので痛みは感じません。亀頭を大きくしましょうよ。私はそうしました。完璧ですしビックリしますよ。

カリを中心に多めに注入します。これが俺のあのパットしなかった亀頭か!という感じです。まるで他人のようです。

思わず自分で自分のペニスを咥えたくなりましたよ。まっどうやっても無理だけど。

(ちんこを大きくする方法)で(知恵袋)の第1章は、ペニスに行き渡る血液の量を多くしようという事です。その為血流を促せばジワッと大きくなります。


3.血行をよくすればいいんだね

最初は血行をよくしてくれる成分の、シトルリンやアルギニン・オルニチンなどが含まれる食べ物を多く採るようにしましょう。

その様なサプリも多く販売されているので、万遍なく補う事ができると思いますよ。値段も結構安くで売られているので安心です。

またペニスを長く大きく出来るサプリも売られているので、試してみる価値はあると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ