ちんこを大きくする方法の一つ「手術」を知ろう

自分自身の男性器「ちんこ」の大きさについて悩んでいる人は多く、その悩みを解決すべくちんこを大きくする方法もいろいろあります。

その中でも気になるのが手術による方法ではないでしょうか。

誰もが手っ取り早くちんこを大きくしたいけれど、手術となるとその効果は?安全性は?費用は?と気になることがたくさん出てきます。そこで手術について見ていきたいと思います。


1.ちんこを大きくする手術はどれも同じ!?

ペニス、つまりちんこを手術で大きくする方法としてはちんこを長くする「長茎術」と、大きくする「増大術」の2種類に分けられます。


「埋没陰茎長茎術」

体の中に埋もれてしまっているちんこを引き出して長くする方法です。

座った時にお腹の脂肪に埋もれて小さくなってしまう場合などは、この埋没陰茎長茎術がオススメです。


「下腹部脂肪吸引式長茎術」

お腹周りの脂肪はちんこを小さく見せてしまう大きな原因となりますので、このお腹の脂肪を吸引して取り除く事で、根元がスッキリしちんこが長くなったように見えるのです。

特にちんこにメスを入れたり手を加えると言う事ではなく、隠れていた部分を出して上げるという本来の大きさにしてあげる方法なのです。


「亀頭増大術」

亀頭に薬液を注入して亀頭を大きくする方法です。

コラーゲンやヒアルロン酸、アクアミドなど薬液の種類にもいろいろあり、脂肪を注入する方法もあります。

亀頭に注入する事で外からの刺激にも強くなるので早漏改善の効果もあります。


「陰茎増大術」

陰茎が細くて悩んでいる人に効果的な方法で、お腹や太ももなど自分の脂肪を吸引して陰茎に注入する方法です。

陰茎の太さが全体的に大きくなり、自分の脂肪を使うので安全性も高く見た目も違和感なく仕上がります。

このように一言で手術と言ってもその方法や特徴は異なります。どの方法が一番自分に最適なのか見極めるためにも、ある程度の知識は知っておくようにしましょう。


2.手術のメリット・デメリット

手術はちんこを大きくする方法として有効ですが、そのメリット・デメリットも知っておく必要があります。

手術のメリットとしてはやはり術後にすぐに効果を実感できるという事でしょう。

脂肪注入に関しては脂肪吸引の手間がかかってしまいますが、その他の方法だと手軽に短時間で行う事が出来ます。

一方でデメリットはと言うと、平均して10万円前後〜50万円という費用面と言えるでしょう。

また長期的に見ると注入した薬液が吸収されてしまう事もあるので、永久的な効果と言う訳にはいかないかもしれません。

しかし医師の手による手術の効果はやはり高く、確実にちんこを大きくしたいと悩んでいる人達から支持を得ています。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ