思いっきり張りのある亀頭にしたい|ちんこを大きくする方法

「亀頭が張っている」いい適切な表現ですよね、すぐに想像できます。連想ゲームのように、張りがあって硬くてその上でかい。

60代でもそんな人もいれば、まだ20代なのにしょんぼりとしている亀頭の持ち主の人もいます。


1.小さいより大きいほうが、軟いより硬いがいいです

ちんこの大きさも人それぞれ、体は大きくないのにちんこがやたらとでかくて長い、そんな人見たことないですか。確かに銭湯とか旅行先で見るくらいで、余り比較をしたことは無いでしょうけど。

先日サウナに行ったときに顔はやや伏せ気味にして、人の一物を見比べて見ました。結論から言えば、亀頭の大きい人が全体的な迫力を感じます。

ペニスが長い人もそれなりに自己主張をしていると思うのですが、亀頭が大きくそしてパーンと張りがあると寧ろ格好いいと思ってしまいます。


2.何か技を使って大きくできるならやってみたい

ちんこを大きくする方法があるのなら、一度でいいからやってみたいと思いませんか?おそらくパートナーが泣いて喜ぶと思いますよ。スゴイ!と言って。

やり方は、亀頭を大きくしたい箇所にヒアルロン酸を注入してもらいます。尿道口の辺りを重点的に大きくしたければ少し多めに注入してもらいます。

私も以前やりました。亀頭全体に注入してもらったのですが、張りと艶があって申し分ない秘密兵器の出来上がりでした。

勃起した時など膣に入っていると実感できます。困った事は一つだけ、それは下着からはみ出てしまい収まりにくい事。

私は普段から、フロントが極端に狭い紐状のTバックを上向きにして穿いているのですが、はみ出します。覆い切れなくて左右から見えてしまいます。

しかしヒアルロン酸には弱点があり、数が月或いは数年経つと細胞に同化するため溶けてしう状態になります。お金も掛かるので、私のように一気に太くするのでなく、少しづつ注入していくやり方でもいいと思いますよ。


3.太く大きくしたいと言う野望は止められないですな

ちんこを大きくする方法を考えだすと、妄想が頭の中で大嵐状態になった来ませんか?少しでも大きく見せる為に毛を剃ってみたり、挙句ペニスを自分で引っ張ってみたり。

亀頭をパンパンに太くしてオナニーをするとさらにすごいですよ。敏感な部分に異物を注入しているわけなので、感度は鈍るんですよね。

結構時間をかけてオナニーを楽しめるんです。途中ペニスに力を入れると充血した亀頭が張りすぎて、テカリ具合が半端じゃないです。

更に射精の瞬間は、亀頭が一層張って大きくなるので、この状態をずっと維持したいと思うのは間違いないです。

そして、今までのオナニーより長い時間摩擦に耐えたペニスから解放された喜びを、体全体で感じる事ができます。


4.今包茎の人も何もしなくても直るかも

包茎が好きな人もいるのですが、手術をして包茎を直したいと思っている人に提案です。皮が長いからおとなしい時は亀頭を覆っているだけなので、皮が戻らないようにすればいいわけですよ。

カリの部分を中心にヒアルロン酸を注入すればいいのです。勃起している時はもちろん、それ以外の時でも次第に慣れてくるので、常に亀頭が露出しているようになります。

暫く亀頭が擦れて痛いのですが、その時はペニスを上に向けて動かないように出来る、ピッチリした下着を穿けばいいのです。

まさに一石二鳥とはこの事。どうですか、張りがあってテカッテいる太い亀頭に憧れないですか?間違いなしに自信を持てますよ。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ