何が何でも亀頭を太くしたい|ちんこを大きくする方法

先日近くの銭湯に行ったのですが、子供のこぶし位はあろうかと思える太くでかい亀頭を目にしました。

タオルで隠すこともなく堂々と足を広げていました。男性である私もまじまじと見入ってしまいましたね。


1.「太い」全てを表していると思いませんか?

亀頭が大きいという事は、それだけで女性にもてるんじゃないかと勝手に思ってしまいます。

今まで何人かそこの部分だけがパーンと張って、卵サイズに太くでかい亀頭を見たことがあります。天然なのかどうかは別にして、男でもチョット興味が湧いてきませんか。

私も含めて世の男性諸氏の亀頭は、人様にお見せできるような物ではないと思いますが如何でしょうか。

ところが亀頭の大きさや太さもそれぞれ様々で、亀頭の先が細くなっている人やカリも低い人もいらっしゃいます。

余計なお世話かもしれませんが、太くていかにも自己主張をしているような亀頭に憧れを持つ事もあると思いますよ。


2.思いのままの亀頭を手にする事は出来ますよ

体の成長が止まればちんこの成長も止まります。後はちんこを大きくする方法を悶々としながら考えるのです。

ベッドの上で一戦交える事を想像しながら、どうやって亀頭を太くしてやろうか、腰が抜けるくらい満足させてやろうか、と考えるのです。

そう、亀頭のカリの部分をメインに、アクアミドやヒアルロン酸を注入するのです。確かに以前のヒアルロン酸等は、注入しても数ヶ月で体に吸収されてしまうので繰り返して注入する必要がありました。

しかし今は、数年持つと言われるアクアミドの改良されたバイオアルカミドや持続性ヒアルロン酸といわれる物を使うので満足感も長持ち。

それを入れた分亀頭がやや鈍感になるので、早漏の人等射精を遅らせる事もできるのはメリットかもしれません。

ただし相応の費用が掛かるので、クリニックで相談されて最初は少量から始めてみるのもいいかも分かりません。


3.自分の理想とするちんこを追い求めるのです

実は私も亀頭にヒアルロン酸を注入した事があります。3.5ccだったですが、1年もしないうちに気がついたら体に吸収されて解けてしまったような状態でした。

今はそんな事はないのですが、大分前だったのでそんなものかなと言う感じだったです。でも自分でもびっくりするくらいの一物が出来上がった時は、正直うれしくドキドキでした。

人に見せたくて、銭湯やサウナに行ったときなどタオルで隠すこともせず、「すごい!」と思っているだろうか?と勝手に想像していたものでした。

子供のころオナニーに耽っていたころからちんこを大きくする方法ばかり考えてきたような気がします。でもこの自己満足感を手に入れると、次なる秘策を考えたくなるものです。

それでペニスにシリコンボールを入れたのですが、一番大きいと言われるサイズのボールをカリの下部分に入れました。

それ以外にも入れたのですが、最も大きいものですよというだけあって、勃起した時の隆々とした姿を最初見た時は自分でも驚きでした。

間違いなしにパートナーも満足していると思います。何より射精が終わってもボールの硬さは変わらないので、それなりの刺激を与える事は出来るのです。

人と違う太くなった亀頭を持っていると思うだけでも勃起してしまいます。どうすれば相手を満足させる事が出来るかを考える事によって自分が楽しくなるんですよね。

まず亀頭を太くすることから初めて、徐々にペニスの改造を考えて行きましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ