ペニス増大手術の基礎知識

1:ペニス増大手術とは

自分のペニスに自信を持てないという日本人男性は決して少なくないと思います。そんなわたしもその一人です(笑)

過去に何度となくペニス増大手術を真剣に考えたことがあります。

でも単純に「ペニス増大手術」と言っても、その方法は色々とあります。

亀頭部分を大きくする「亀頭増大手術」、陰茎部分を太くする「陰茎増大手術」、ペニス自体を長くする「長茎増大手術」などが一般的にペニス増大手術と言われています。

また日本人の包茎率は世界基準でも相当高いといわれています。

真性包茎は全体の1割にも満たないそうですが、仮性包茎だと日本人男性の7割を超えているそうです。

つまり、ペニス増大手術と同時に包茎手術を受ける日本人男性も結構多いことがわかります。


2:各ペニス増大手術の特徴とメリット


「亀頭増大手術」

亀頭部分にヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入して亀頭を大きくする方法です。

美容整形などでも多用されるヒアルロン酸やコラーゲンを用いること、注射による施術で済むことから、手術というよりも整形術にイメージは近いと思います。

★メリット
・亀頭部分が大きくなることで、女性の感度もアップします。
・亀頭が大きくなることで、自分の自信にも繋がります。
・早漏の改善にも繋がります。
・ペニス自体が先細りなので、すぐに皮が被ってしまうという方の改善


「陰茎増大手術」

自分自身の脂肪などを採取し、それを陰茎部分に注入することで陰茎自体を増大させる方法です。

基本的な効果などは亀頭増大手術と同じなのですが、亀頭増大手術に比べ陰茎全体のアップが可能です。

★メリット
・亀頭増大手術よりもペニス自体の大きさアップが可能
・陰茎部分の増大により、女性の感度もアップします。
・早漏の改善にも繋がります。


「長茎増大手術」

ペニスを長くするために手術になります。長茎増大手術といっても、体内に埋もれている部分を引っ張りだす「埋没陰茎長茎手術」や、腹部の脂肪に埋もれてしまっているペニスを取り出す「脂肪吸引式長茎手術」などがあります。

どちらもペニスの長さを求めるときに有効な手術とされています。

★メリット
・ペニスが長くなることで自分の自信にも繋がります。
・軽度の仮性包茎であれば、改善する場合もあります。
・ペニスが長くなることで、女性の感度もアップします。


3:ペニス増大手術の費用

ペニス増大手術には、上記で紹介しているものでもほんの一部です。

他にも色々な術式や方法がありますし、施術を受ける病院によっても全然治療法が異なります。

そのため、ペニス増大手術に掛かる費用は幅広く、わずか数万円程度で可能な物もあれば、色々な術式を組み合わせて治療を受けることで数百万円という金額になることもあります。

ちなみに上記で紹介している3種類の治療費の相場をみてみると以下のようになります。

亀頭増大手術の平均相場・・・5万円〜10万円程度
陰茎増大手術の平均相場・・・30万円〜50万円程度
長茎増大手術の平均相場・・・埋没陰茎長茎手術・・・20万円〜30万円程度
              脂肪吸引式長茎手術・・30万円〜40万円程度

ちなみにこれらの手術や治療には保険は効きません。

真性包茎の治療や手術であれば、泌尿器科を利用することで保険適用で治療を受けることができますので、金銭的にも安く済ませることができるようですが、技術的などの問題から美容クリニックを利用する人が多いようです。


4:ペニス増大手術に掛かる時間

ペニス増大手術というように「手術」という言葉を使っているので、大変な治療だと感じる人も多いと思いますが、実際にはほとんどの治療や手術が日帰りで利用することができます。

亀頭増大手術などは、注射による施術なので、ほんの10分ほどで終わるそうです。

術後の通院ですが、経過観察のために1回から2回ほどの通院を薦められることもありますが基本的には必要ないそうです。

また術後のセックスについてですが、これは病院により違いもありますが、一般的には2週間〜3週間くらいは禁止される場合が多いようです。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ