20代や30代でもチンコ増大は可能?

男性なら年齢に関係なく、チンコの大きさを気にするものです。

10代のうちはチンコの大きさというよりも、包茎や陰毛の生え方などを気にする人が多いかもしれませんが、20代や30代になると包茎よりもチンコの大きさを強く意識するようになり、チンコが平均よりも小さいと感じるとストレスやトラウマになることもあります。

どうやったらチンコ増大することができるのか?

20代や30代のように成人してからでもチンコ増大することは可能なのか?

このような悩みを持つ男性は多いと思いますので、今回はその件について簡単に解説したいと思います。


1:チンコの増大は年齢に関係なく出来ます

男性のチンコというのは、思春期を迎える13歳〜15歳くらいで第二成長期を迎えます。

それから徐々に成長をし、おおよそ5年〜7年くらいは成長が続くといわれています。

つまり13歳〜15歳で第二成長をはじめ、それが18歳〜22歳前後まで続くことが考えられています。

しかし、この第二成長期が終わると、それからチンコがさらに成長することは一般的にはありません。

このときに形成される形や大きさが、その男性のチンコの大きさということになります。

ただし、成長が止まってもチンコを増大させることはできます。

その方法として一般的に知られているのが、チンコ増大手術やチンコ増大サプリメントなどです。


2:20代、30代男性のチンコ増大手術

20代や30代男性がチンコの大きさに悩みを抱えていることが多く、その証拠に美容クリニックなどでチンコの増大手術を受ける人も多いそうです。

チンコ増大手術を受けることで、チンコを平均3cm〜5cmほど大きくすることができるそうです。

人によっては7cm以上大きくできる場合もあるというから驚きです。

しかしチンコ増大手術の問題点は費用が高いことです。

チンコを全体的に大きくするには、「亀頭増大」「陰茎増大」「長茎増大」という3つすべてをバランス良く大きくしていかなければなりません。

そうなると手術費も相当な負担となります。

そこまでお金をかける余裕が無いという人も諦める必要はありません。

チンコ増大サプリメントやチンコ増大トレーニングという費用をあまり掛けずに増大する方法もあります。

とくにサプリメントを服用しながら、日々チンコ増大トレーニングをすると効果も良いようですので、まずは手術前にこちらを試してみることをオススメします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ