運動によってちんこを大きくするやり方

泌尿器科における手術や注射、サプリメントの摂取など、ちんこを大きくするには様々な方法があります。

今回は、数あるちんこを大きくする方法の中から、運動によってちんこを大きくするやり方についてご紹介させていただきます。


1.ちんこの大きさは男性ホルモンに左右される!?

運動によってちんこを大きくするやり方についてご紹介する前に、一つだけ知っておいていただきたいことがあります。

それは、ちんこの大きさは男性ホルモンの量によっても左右されるということです。

そもそもちんこが大きくなる、つまりフル勃起状態になるためには、一定量の男性ホルモンが分泌される必要があります。

男性ホルモンが分泌されなければちんこに流れる血流量が増えないため、勃起することができないからです。

そのためちんこを大きくするためには、男性ホルモンの分泌量を増やす必要があるのです。


2.運動をすると男性ホルモンの量が増える

ちんこを大きくするために男性ホルモンの分泌量を増やさなければならないことはよくわかりました。

では、男性ホルモンの分泌量を増やすためには一体どうすればいいのでしょうか。

実は男性ホルモンの分泌量は、適度な運動をすることによって増やすことができます。

運動をすることで体の代謝能力が高まり、より多くの男性ホルモンを分泌させることができるのです。


3.具体的な運動方法

上でも書いた通り、男性ホルモンの分泌を促してちんこを大きくするためには、適度な運動をする必要があります。

では、運動によってちんこを大きくするやり方にはどのようなものがあるのでしょうか。

何か、ハードなトレーニングをしなければならないのでしょうか。

ちんこを大きくするための運動としておすすめなのは、ウォーキングやエアロビクス、ランニング、水泳といった有酸素運動や、腹筋、腕立て伏せ、背筋といった筋トレがおすすめです。

まず有酸素運動についてですが、有酸素運動を行うと体内の代謝能力が高まり、男性ホルモンの分泌を促すことができます。

エアロビクスに関しては自己流で行うのが困難ですが、ウォーキングやジョギングであれば空いた時間に行うことができますよね。

また筋トレについてですが、筋肉を鍛えることでも男性ホルモンの分泌量を増やすことが可能です。

そこで運動によってちんこを大きくするためには、有酸素運動と筋トレとを組み合わせることが有効であるといえます。

また運動をすると同時にペニス増大サプリメントを摂取すると、より効率よくちんこを大きくすることが可能です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ