ペニスの鍛え方

ペニスの鍛え方といっても、どのような目的でペニスを鍛えるかによってその方法がことなります。

早漏を改善させる鍛え方だったり、ペニス増大させるために鍛え方だったり、勃起力を持続させる鍛え方などがあります。

でも今回はペニスを増大させる鍛え方と早漏を改善する方法をいくつか紹介していきたいと思います。


1:ペニスを増大させる鍛え方

ペニス増大手術やサプリメントなどは、どうしてもそれなりの費用が掛かってしまいます。

しかし、お金を使わずペニスを鍛えて大きくする方法もあります。

ペニスの鍛え方として良く知られているのが「ジェルク」や「ジョルキング」と呼ばれる方法です。

今回は面倒なのでジョルキングで統一させてもらいます。

このジョルキングという方法は、いつでも誰でも簡単にできてしまうペニスの鍛え方です。

方法はすごく簡単ですので、そのやり方を解説していきます。


1:ペニスを半勃起状態にします。
2:半勃起状態になっているペニスの根元を指でギュと絞りこみます。
※ペニスの根元をクビだと思い、クビを絞めるような感じでペニスの根元をギュッと絞めてください。
3:根元を絞っている手とは逆の手を使い、根元から亀頭部分に絞りあげるイメージで手を動かします。チカラ加減は自慰行為をするときと同じ程度構いません。
※射精したときに残った精液を搾り出すというイメージがわかり易いですかね。
4:この動作を繰り返し5分〜8分ほど行ってください。

やることはこれだけです。
ね!非常に簡単でしょ?
これを毎日繰り返し行うことが大事です。

このジェルキングの効果は、ペニスの根元部分を絞ることで血液の循環を一時的に悪くします。するとペニスに流れる血液が少なくなり、より多くの血液を取り入れようと血管も太くなり、血液を送り込むチカラも強くなるといわれています。

血液が太くなり、流れ込む血液が多くなることで、海綿体も膨張しますので、いつもより勃起時のサイズがアップすると考えられているのです。

これを繰り返し行うことで、日常的に勃起時の血量を変化させることができるようになります。


2:誰でも気軽に早漏を改善する方法

早漏改善にも色々な方法があるといわれていますが、一番簡単なのが自慰行為を行うことです。つまりオナニーを多くすれば、自然と早漏が改善されるそうです。

よく自慰行為のやりすぎで射精できなくなっている若者が増えているという話を聞きます。

たしかに自慰行為を繰り返し行うことで、ペニスは刺激に強くなります。

また、指の締め付ける強さになれてしまい、女性器に挿入したときの感度が少し鈍るといわれています。

やりすぎると射精できなくなってしまう恐れがありますので、ほどほどにしておきましょう(笑)


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ