ペニス増大サプリに効果のある年齢ってあるの?

一般的にペニスは60歳近くまで成長を続けると言われていますが、効果にはやはり年齢差があるようです。

一番効果があるのは第二次性徴の起こる13歳から15歳の間だと言われており、20代前半を最後にペニスの成長は鈍化していきます。

しかし、ペニスは基本的に成長し続けるものであり、その伸び代を増やす事は医学的に可能だと証明されています。

ただし、やはり年齢を重ねれば重ねる程ペニスの成長は鈍化していきますので、早めにペニス増大サプリを摂取しましょう。


1.成人してからのペニス増大

ペニスを大きくする方法としてのぺニス増大サプリは年齢に関係なく可能である事は医学的に証明されていますが、一体どうすればペニスの成長を促進させる事が出来るのでしょうか。

このぺニス増大サプリにはペニスの実に9割を占めている海綿体の細胞組織の増殖が鍵となってきます。

海綿体を無理なく増殖させるにはやはり元からある年齢の能力を最大限に生かせるような体作りが必要になります。

海綿体の増殖には成長ホルモン、男性ホルモンと健全な血行が必要不可欠であり、これらに作用するペニス増大サプリを摂取する事をお勧めしています。

特に成長ホルモンと男性ホルモンの分泌量は年齢が上がるに連れて減ってしまいますので、ペニスを大きくする方法のサプリメントによる促進が必要なのです。


2.25歳を境に減少する男性ホルモン

ペニスを大きくする方法の一つのペニス増大サプリには男性ホルモンが鍵になっています。このホルモンは年齢にして25歳をピークに減少して行ってしまいます。

男性ホルモンの一種であるテストが減少すると、性欲の減少、ペニスサイズの縮小、疲労を覚えやすくなる、精神的に不安定、二次性徴の退行、筋力の低下などの症状が現れてくるのでぺニス増大サプリが必要です。

男性にとっていつまでも若々しい年齢を保つためには、この男性ホルモンは必要不可欠である事は間違いありません。

テストステロンの分泌量が少ない人ほど顔つきや行動がおじさん化している言われており、女性は本能的にテストステロンの分泌量がより多い年齢の男性に惹かれる傾向があるのでペニスを大きくする方法のペニス増大サプリで補うと良いでしょう。


1. 毎日適切な運動と睡眠時間を摂る

テストステロンを増やす方法としてまずはやはり運動と睡眠が重要になってきます。

毎日適切な睡眠時間を摂るストレスが解消され、テストステロンの分泌がされやすい体内環境を作る事ができます。

毎日の睡眠平均時間が少ない男性ほどテストステロンの分泌量は少ないという事実は医学的に明らかになっています。また運動をする事で筋肉を刺激するとテストステロンの分泌が促進されます。


2.アルギニンを摂取する

鶏肉や大豆に多く含まれているアルギニンは亜鉛などのミネラルと共にテストステロンの材料となるアミノ酸です。

体内に一酸化窒素を生成し、血行を促進する効果が有名ですが男性ホルモン、成長ホルモンを分泌を促す作用もあることで知られています。

日本人の食生活ではアルギニンは不足しがちであるといわれており、サプリメントで毎日摂取することを強くお勧めします。アルギニンは、クラチャイダムやマカという天然のバイアグラと呼ばれる野菜に多く含有されていることが知られており、アルギニンを効率よく摂るためにはやはりペニス増大サプリがベストな方法なのです。

またペニス増大サプリにはアルギニンの効果を高める必須アミノ酸、シトルリンが配合されていることも強くお勧めしたい理由の一つです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ