ペニス増大トレーニングで注意点

ペニスもトレーニング次第では大きくなるといわれています。

つまり体を鍛えるためにトレーニングするように、ペニスもトレーニングすることで「太く・強く」することが出来ることが既にわかっています。

しかし、ペニスを自己トレーニングで鍛えるには細心の注意を払わないと大事な部分を傷つけてしまう恐れがあることを理解しておきましょう。


1:ポンプによるペニス増大トレーニング

ペニス増大トレーニングとして知られているのが、ポンプなどの器具を使ったやり方があります。

このように器具を使うペニス増大トレーニングだと、予測せずに自身のペニスを傷つけてしまう恐れがありますし、衛生面でも問題視されています。

シリンダー状の筒をペニスに装着し、そのシリンダー内部をポンプの力でどんどん減圧させることでペニスを強く鍛えるやり方です。

ペニスに過度の圧力をかけることで、ペニスの感度が下がってしまう恐れもありますし、器具を直接ペニスに装着しますので、衛生面がすごく心配です。

ペニスは通常衣服に常に守られている部分なので、それだけ耐性が弱いといわれています。

ちょっとした菌に触れるだけで性病へと感染する恐れもあります。

ですので、ペニス増大トレーニングに使う器具は常に衛星に管理しておかなければなりません。

しかし、実家暮らしだと容易に器具を洗浄することも家族に見られるという心配がつきまといます。

結果として不衛生な器具を使い、尿道炎や性病へと感染してしまう恐れがあることを注意しなければなりません。


2:サプリによるペニス増大トレーニング

一番効果的だといわれているのが、サプリメントを愛用しながらのトレーニングです。

通常カラダを鍛えるときにも、プロテインを服用しながら色々なトレーニングを行います。

プロテインも一種のサプリメントですので、これと同じ考えをするのであれば、ペニス増大サプリを服用しつつ、自己トレーニングでペニスを鍛えるのが最も効果的だといえるのではないでしょうか。

ペニス増大トレーニングには、上記で紹介したポンプなどの器具を使うほかにも、自身の手で行うジェルキングと呼ばれるトレーニング方法などもあります。

サプリメントだけを服用しても、それなりに効果があるといわれていますが、できることなら、これらのトレーニングと組み合わせることをオススメします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ