大きくなっても5センチならマイクロペニスと診断され治療も必要

小さいと悩む性器の問題ですが、マイクロペニスという名称をご存知でしょうか。大きくなっても5センチ未満ならマイクロぺニスと診断され治療の対象になります。


1.マイクロペニスの原因

マイクロペニスはただの短小のペニスとは違い、診断され治療対象になります。多くは乳幼児健診などで発見されます。

大きくなっても5センチ未満のマイクロペニスの治療は、基本的に幼少期からのホルモン療法になります。

5センチというのは成人になってからの診断基準ですので、幼児期のペニスに応じた基準で診断をすることになります。

乳幼児健診の時に特に何も言われなくても子供が小学生になったときに、気になることがあれば、小児科や泌尿器科に受診してみることをおすすめします。

成長期に男性ホルモン投与による治療を行うことで、ペニスの成長が促進されます。

子供のマイクロペニスの診断は、年齢に応じたサイズがありますので小児科や泌尿器科で診断を受けることになります。

成人になるとホルモン療法では改善しないことが多いため、手術適応となる場合が多く医師との連携が必要です。


2.マイクロペニスではなく短小ペニス

治療の必要な5センチ以下のマイクロペニスですが、ペニスが大きくなった状態で6~7センチもあればただの短小ペニスというわけです。

治療対象ではなく、女性を妊娠させることもセックスもできるので問題はありません。しかし大きくしたいというのが男心です。

マイクロぺニスではなく治療も不要な短小ペニスは、増大サプリメントで大きくすることをお勧めします。

マッサージも行いしっかり陰茎に血流をめぐらせ、サプリメントで精力アップ血流増大しサイズアップを目指しましょう。

勃起時に6~7センチあれば問題ありません…と言われても、男女の間では通用しません。女性はある程度大きなペニスで刺激をしてもらいたいものなのです。

とくに結婚生活では、セックスに満足できないからといってほかの男性とセックスするわけにもいきません。不倫をする女性というのは一部であって、たいていの奥様は我慢しているのです。

しっかり奥様を気持ちを良いセックスで満足させることが、家庭円満の秘訣です。セックスしても気持ちがよくない場合は、女性はだんだんと愛情がさめていく傾向にあります。

マイクロぺニスでなく治療は必要ない短小ペニスは、サプリメントで大きく勃起させて、奥様を満足させてあげましょう。

付き合っている女性の心を離さないのも気持ちの良いセックスです。女性はイクと脳内麻薬が分泌され男性の虜になる傾向があります。

女性を美しくかわいくさせるのは男性のペニスの影響も大きいといっても過言ではないのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ