包茎は矯正できるのか?

男性の悩みとして有名な包茎ですが、包茎を治す方法としては手術による方法と矯正器具を使った方法吾があります。

手術の場合は費用が高い事がネックだったり麻酔を使う事に抵抗がある人もいて、手術を決めるまでにかなり悩んだと言う人も多いようです。

手術以外の方法では矯正器具を使った方法がありますが、気になるのはその効果だと思います。

包茎矯正方法について調べてみました。


1.矯正器具を使う上で知っておきたい事

ネットなどで見ると包茎矯正グッズは数多く販売されています。

シールタイプやリングタイプ、その他器具を使った方法などいろいろありますが、包茎は包皮が余っている事が原因の場合は多いため、これら矯正グッズのほとんどのものが包皮を固定して剥き癖をつける事で徐々に矯正していくという方法になります。

しかしここで知っておいてほしいのは全ての包茎に使用できると言う訳ではないという事です。

余った皮を剥いて剥き癖をつけるこの方法は、まずは剥いて亀頭を出すと言う所から始まります。

そのため包皮を剥く事が出来ない真性包茎の場合は器具を使う使わない前にまずは剥く所から始めなければなりません。

剥き癖をつける矯正器具の多くは仮性包茎の人対象の商品が多いと言う事と、器具を使っても全員に必ず効果が表れるという訳ではないと言う事を覚えておきましょう。


2.矯正器具を使うメリット

包茎を矯正器具で治す事の最大のメリットは費用が安く自分で手軽に行えると言う事ではないでしょうか。

手術は怖いという人は矯正器具を試しに使ってみるのもいいかもしれません。

また昔の矯正器具は見るからに矯正しているのがまるわかりという商品が多かったのですが、最近ではシールタイプや接着剤タイプなど目立たないため誰にも気付かれずに行えると言うメリットもあります。

しかし接着剤が肌に合わずかぶれてしまった・確実性がない・効果が表れるのに時間がかかるなどのデメリット部分も出てきます。

間違った使い方は大切なちんこを傷つけてしまう恐れがあります。

真性包茎を治す方法として包皮口を器具を使って広げる方法もありますが、無理に広げ過ぎると裂けて出血がおこったり痛みが強くなる場合もあるのです。

大事な相棒とも言えるちんこを守るのは誰でもない自分自身です。

亀頭を露出することができ包茎が改善されれば、勃起力も上がりますし、亀頭が出た事でちんこが大きくなったように感じるでしよう

包茎を治す時は矯正器具を使った上でのメリットとデメリットをよく理解したうえで行うようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ