仮性包茎を治すメリット

仮性包茎は特に日常生活に支障をきたすわけではありませんので、特に気にしておらずちんこに対しての悩みなどがなければ必ずしも治さないといけないという訳ではありません。

しかし仮性包茎だと普通の剥けている人と比べるといくつかの問題点も出てきます。

仮性包茎であるがゆえの問題点や治すメリットを見ていきましょう。


1.仮性包茎の問題点

仮性包茎は平常時も手で包皮を剥く事が出来て勃起時に亀頭が露出するものを言い、平常時に亀頭が完全に覆われている状態だったり、亀頭の半分ぐらいまで覆われている状態だったりと仮性包茎の状態は人により様々です。

勃起時には皮が剥けるので特に問題はないように思いますが、仮性包茎だと普段は亀頭が顔を出しておらず包皮で覆われているので亀頭自体が刺激に慣れていません。

そのため、セックス時の刺激に耐えられずすぐに射精してしまう早漏の症状がおこってしまったり、普段から亀頭が露出している人に比べると汚れもたまりやすく衛生的にも不衛生になり炎症をおこしやすくなるなどの問題点もあるのです。

また見た目の問題で気にし過ぎてコンプレックスとなってしまい女性との関係を躊躇してしまうなど心理的な影響も大きいと言われており、仮性包茎を治したいと思っている人も増えてきているのです。

性行為をする上では子作りもできるし問題ないとはいえ、これらの影響を考えると仮性包茎は早めに治す方がよいと言えるでしょう。


2.ちんこを大きくすると仮性包茎が治る!?

ちんこを大きくしたいと思っている人は多いですが、実はちんこを大きくする事で仮性包茎が治る場合もあるのです。

ちんこを大きくする方法として亀頭やカリ部分を大きくする亀頭増大術では、カリ部分が大きくなるため勃起が萎えた時に包皮がカリ部分で止まり戻りにくくなる効果があるため、仮性包茎が改善されるのです。

また体の中に埋もれている埋没部分を伸ばす長茎術は、埋もれているちんこを引っ張り出した分ちんこの長さが長くなり、余っていた包皮が亀頭を包み込む事がなくなり包茎が改善される場合もあるのです。

つまり仮性包茎はちんこを大きくする事で治る場合もあり、包茎とちんこの大きさはそれぞれが密接に関係していると言えるでしょう。

包茎は男性の自信をなくしたり、対人関係に影響を及ぼしたりといろいろな問題点もあります。

自分自身にコンプレックスを抱いている人は仮性包茎を治すだけで自分に自信を持てるようになり、セックスも堂々と行う事ができるよう

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ