真性包茎のコンドームの付け方

全国の包茎の皆さん、セックスの際にコンドームの装着に手間取る事ってないでしょうか。

実は、あなたが不器用なのではなく、包茎だからこそ起こってしまうトラブルなのです。今回は、包茎の方のコンドームの正しい付け方を参考にして頂き、スムーズに装着出来る様にしてみて下さい。


1.正しいコンドームの付け方

仮性包茎の人がコンドームを装着する際は、皮を剥いてから付けますが、真性包茎の人は皮はそのままで装着します。

なぜなら、真性包茎の人のペニスはしっかりと皮を被った状態なので、剥くだけで痛みを感じてしまうからです。

亀頭を露出させてコンドームをすると、やはり痛い場合が多いので無理はせずに、亀頭が皮に包まれたそのままの状態でコンドームを付けましょう。

真性包茎と言っても性機能には勿論問題ありません。コンドームを装着しないで挿入すると、勿論妊娠してしまう可能性があります。

挿入する際にコンドームは必須です。また、真性包茎の人は生で挿入してしまうと、膣内で皮が引っ張られてしまい亀頭が露出して痛みを感じる事があるようです。これを防ぐ為にも、コンドームは装着した方が良いと言えるでしょう。


1. 真性包茎の方にオススメのコンドーム

真性包茎の人には、皮を被ったままのペニスをしっかりと包み込み、定着させてくれるややキツめのコンドームがお勧めです。

また、真性包茎の人のペニスは皮のせいでやや刺激に鈍感ですので、コンドームは薄めを選んだ方が良いでしょう。ただ、薄めのコンドームは破れやすいと言う欠点もあります。

ですから、挿入の摩擦に耐えられるようにローションは多めに使うと良いでしょう。


2.真性包茎の方にオススメのローション

真性包茎の人がコンドームとは別にローションを購入する時には、一つ注意しなければならない点があります。

ローションにはサラサラした物と、ぬるぬる、ネバネバした物があります。真性包茎の人にお勧めなのはサラサラしたタイプです。粘度が高いものは刺激を吸収してしまう可能性があるので避けましょう。

サラサラしたタイプなら挿入を潤滑にしてくれますし、粘つかないので挿入による刺激をペニスをダイレクトに伝えてくれます。


2.うまくコンドームが付けられないのなら

この様に真性包茎の人の為に、それぞれ適したコンドームの付け方と種類をご紹介してきましたが、それでもコンドームが上手く付けられないと言う人がおられるかもしれません。

その場合は、やはり真性包茎手術を受けた方が良いでしょう。

真性包茎手術は手術と言っても、短時間で終わる簡単な施術です。病院によっては30分程度で終わる場合もあるようです。

価格は病院によって異なりますから、しっかりと下調査すると良いでしょう。最安で3万くらいから手術してくれる所もあるようですが、あまり低価格だと心配な面もあります。信頼出来る病院を探しましょう。相場は10万~20万くらいのようです。

包茎を治すのに10数万もかかってしまうのかと思ったあなた、以降のコンドームを上手く付けて快適なセックスライフの事を考えれば、10数万の投資など惜しくないはずです。なにより時間は有限ですから、手術したいと思ったらなるべく早くに手術した方が良いでしょう。

手術してしまえば、セックスの時は勿論、銭湯に行った時も恥ずかしく無くなるでしょう。今、包茎で悩んでいる男性たちのお役に立てたら嬉しいです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ