ちんこも大きくなる!仮性包茎改善プログラム

仮性包茎であれば、わざわざ病院で治療や手術を受けなくても自己流で改善することも十分に可能です。

ただし、仮性包茎の程度にもよりますので、決して無理はしないでください。

ここでは軽度の仮性包茎という仮定で自己改善プログラムを紹介したいと思います。


1:仮性包茎改善プログラム

仮性包茎を改善するには、つねに包皮を剥いて亀頭を露出しておく習慣をつけてあげることが効果的です。

ですのでトイレに行くたびに、包皮をしっかり剥いてあげ亀頭を出した状態で用をたしてください。

最初は気が付くと、いつのまにかパンツの中で包皮が被ってしまい亀頭を覆ってしまいますが、これを根気強く続けてください。

そうしていると、いつのまにか出ている時間が長くなってきます。

改善プログラムのコツを以下にまとめてみました。



★毎日続けるのはもちろん、トイレに行くたび、ちゃんと亀頭が露出している状態になっているかを確認し、元のように皮を被っていたら、すぐに皮を剥いてあげる。

★お風呂に入っていると、皮が伸びやすくなっているので、剥いたり戻したりを最低20回は繰り返す。何度も皮を剥くことで、皮の伸縮性ができる。

★皮を剥くときに激しい痛みがある場合は、無理に剥こうとしない。この場合は、市販のローションなどを購入し、亀頭部分にたっぷり塗布しておくと剥けやすい。

★包皮を剥いて亀頭を露出したときには、恥垢をしっかり除去し、清潔な状態を心がける。

★亀頭を露出した状態にしておくことで、最初はパンツと擦れるたびに痛みや痒みを感じるが、慣れることによって痛みや痒みは自然と無くなる。

★自慰行為をするときには、皮を剥いた状態でやるように心がける。自慰行為中は何度も皮を剥いたり戻したりするのも効果が大きい。


2:仮性包茎改善で早漏やちんこが小さい悩みも克服できる

仮性包茎を改善することで、亀頭部分に受ける刺激が強くなり、セックスのときに早く射精しまいがちになりますが、これはしばらくの間だけです。

その刺激にちんこが慣れることで、結果として早漏を改善できることが知られています。

さらにちんこを締めつけていた包茎がなくなると、ちんこの成長を阻害するものがなくなるので、ちんこが大きくなりやすくなります。

包茎も改善でき、早漏も改善できるのであれば、やはり早い段階で仮性包茎を改善する努力をしておくことを強くお薦めします。

どうしても自分で改善できないという場合は、仮性包茎であっても美容クリニックやメンズクリニックなどで治療が受けられますので、そちらを受診するようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ