仮性包茎の治療に関する疑問にお答えします!

日本人男性の7割が仮性包茎だそうです。

そこで今回は仮性包茎の治療に関する様々なことを、まとめてご紹介していきたいと思いますので、これからの参考にしてください。


1:仮性包茎は何処で治療できるの?

仮性包茎であれば必ずしも専門のクリニックで手術をしなければならないわけではありません。

クリニックで手術を受けるのが確実ですし、時間も1日で済んでしまいますので手っ取り早いのですが、手術をするということは傷跡が残ってしまう場合もあり、必ずしもノーリスクというわけにはいきません。

ですので、相当軽度な仮性包茎であれば、ちんこを大きくすることで自然と改善できる方法を試してみるのも良い方法だと思います。

ちんこを大きくするには、日ごろのトレーニングでも可能ですし、ペニス増大サプリメントなどを服用することも効果が期待できます。


2:仮性包茎の治療費

仮性包茎の治療費ですが、上記で話したように自己トレーニングでちんこを大きくしたり、仮性包茎を改善するプログラムを実践すれば、費用は掛かりません。

もしサプリメントを愛用するにしても、費用的には1万円程度で済む商品も多く販売されています。

どうしてもクリニックなどの専門医で治療を受けたいと思うのであれば、知名度が高いクリニックを選ぶことをお薦めします。

クリニックでの仮性包茎の治療費はその施設によって多少の違いはありますが、5万円〜10万円くらいで治療できる場合が多いようです。


3:仮性包茎って何歳でも治療できるの?

仮性包茎の治療に年齢は関係ありません。

できればちんこの成長期でもある10代のうちに治療するのが一番良いのでしょうが、10代であればお金もありませんし、親に相談するのも恥ずかしくてできないという男性がほとんどだと思います。

ですので、自分でお給料をもらえるようになってから治療をする男性がほとんどだと思います。もちろん、30代や40代でも全然遅いことはありません。

男性のちんこに対するコンプレックスというのは、現役であり続けるかぎりずっと付きまといますので、少しでも早い段階で決心をして、適切な治療を受けることをお薦めします。

ちなみにわたしの知り合いには、50歳を過ぎて仮性包茎の治療を受けた人がいます。

キッカケは20歳も年下の女性と再婚するからだそうです(笑)

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ