タイプ別の包茎治療を解説します

包茎と言っても色んなタイプの包茎があります。

日本人の7割以上が何らかの包茎だといわれています。つまりそれだけ包茎の悩みを抱えている男性が多いということがわかります。


1:仮性包茎の治療法

日本人男性に一番多いのが、この仮性包茎といわれるタイプです。

仮性包茎とは、日常では包皮が亀頭まで被っている状態ですが、手で簡単に皮を剥くことができる状態をいいます。

勃起状態になると自然と皮が剥けるタイプもあれば、勃起時でも皮が被ったままの場合もあります。

仮性包茎に関しては特に包茎治療の必要性は無いといわれていますが、どうしても気になるのであれば美容クリニックなどで簡単に治療ができます。

仮性包茎の場合は病気とは認められませんので、病院で包茎治療することはできません。


2:真性包茎の治療法

真性包茎とは、通常時も勃起時も常に包皮が亀頭までスッポリ被っている状態のペニスをいいます。

仮性包茎のように手で剥くこともできませんので、衛生面やセックスにも大きな影響を及ぼす可能性が高く、早期の包茎治療が必要とされています。

真性包茎は仮性包茎とは違い、正規の病気とみなされますので病院で保険の適用を受けて治療することが可能です。

ただ最近では、手術が丁寧な美容クリニックで治療を行う男性も少なくないようです。

見栄えを気にする箇所なので、お金の問題よりも仕上がり具合を優先する男性が多いということでしょう。

治療方法にかんしては既に書いている通り、病院や美容クリニックで手術を受けることになります。


3:カントン包茎の治療法

あまり聞き覚えの無い言葉かもしれませんが、カントン包茎は結構症状が深刻になりがちなので、早急に包茎治療する必要があります。

カントン包茎とは、真性包茎から包皮が剥けた状態をいいます。

無理に皮を剥いたことで、亀頭部分は露出させることができたのですが、包皮が元の状態に戻らなくなり、その後ちんこが包皮に締め付けられ圧迫されてしまいます。

血流が悪くなることでちんこが壊死するなんてことも考えられるのです。

カントン包茎も真性包茎同様、日常生活に支障をきたす可能性が高いことから、病院で保険を適用して包茎治療を受けることが可能です。

カントン包茎の場合、一度包皮を剥いてしまうと二度と戻らなくなる可能性が高いので、決して無理に剥こうとしないでください。

カントン包茎と真性包茎の見分け方が難しいかもしれませんが、真性包茎の状態から無理やり皮を剥いた状態をカントン包茎だと言ったほうが解りやすいかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ