今すぐ自分でできる包茎の治し方

包茎の治し方を知りたい男性は少なくないはずです。

残念ながら、真性包茎とカントン包茎は自己流で治すことは難しいので、病院やクリニックで手術することをお薦めします。

しかし、仮性包茎であれば意外にも自分で簡単に治すことができると紹介されています。

そこで今回は仮性包茎の治し方について考えてみたいと思います。


1:自分で出来る、仮性包茎の治し方

仮性包茎のように包皮を被ったままではペニスの成長を妨げてしまう恐れがあることをご存知でしょうか?

ちんこが成長する時期(14歳〜20歳くらい)に仮性包茎を治すことで、ちんこが大きく立派に成長しやすくなるといわれています。

もちろん、大人になってからでも仮性包茎は自分で治すことが可能だそうです。

正しいやり方をすれば、早い人だと数日で効果が現れるそうなので、クリニックなどの手術を受けるまえに、試してみてはどうでしょうか。

それでは仮性包茎の治し方について、簡単に説明していきたいと思います。

仮性包茎を治す方法で一番良いのは、常に包皮が剥け、亀頭が露出した状態で生活を送ることです。

勃起していないちんこでも、常に皮を剥いておくことで、亀頭が大きくなり、陰茎も長く成長するそうです。

仮性包茎の場合は、自分で包皮を剥き、亀頭を露出した状態のままキープするようにします。

何もしなくても包皮が剥けた状態をキープできるのであれば、常に包皮を剥いた状態のままにしておきます。

しかし、自然と包皮が亀頭を被ってしまうという場合は、絆創膏などで剥いた状態をキープしてください。

絆創膏の貼り方などは、インターネットで検索すると図式で丁寧に説明されているサイトがいくつでもありますので参照してください。

今まで包皮を被っていたことで、亀頭部分はすごく敏感になっていますので、数日は少し違和感を感じるかもしれませんが、自然とその状態になれてきますので、それまでの辛抱です。

また包皮を被っていた亀頭などは、当初デリケートなので清潔さを保つように気をつけてください。

清潔な状態をキープするためにも、お風呂上りなどに毎日絆創膏は替えることをお薦めします。

もし下着と擦れたりして亀頭部分に激しい痛みや腫れが出てしまった場合は、一旦絆創膏をはずして腫れが引いたら再度挑戦するようにしてください。

痛みが出た状態で無理に続けると、余計に症状が悪化する恐れがあります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ