短小・包茎の悩みを一気に解消

男性にとってペニスは男性のシンボルと言っても過言ではありません。

女性のバストに近いものがあるでしょう。その為、ペニスの形や大きさに敏感になってしまいます。ここではまず、短小や包茎などのペニスの状態について解説していきましょう。


1.男性が抱える短小、包茎の悩み

男性が持つ、人に言えない悩みの中で多く挙げられるのは、頭髪の悩みと性器の悩みで占められています。

特に男性器の悩みは、他人と比べにくいし、女性に嫌われるのではないかと真剣に悩んでいる方も多いでしょう。

性器の悩みとしては、短小や包茎、早漏などがあります。短小包茎と早漏は密接な関係もあります。

まず短小と包茎ですが、短小とは字の如くペニスが小さい事です。普段の状態が小さくても、勃起した時にそれなりに大きくなればいいのですが、普段から小さいペニスは勃起してもある程度知れている大きさにしかなりません。

この短小が包茎にもなりやすくなっています。何故かと言うと、ペニスが小さい為に、皮が余ってしまい亀頭を覆ってしまうからです。

一般的に包茎には、仮性包茎と真性包茎に最近ではカントン包茎もクローズアップされています。仮性包茎ならば、普段の時だけ包茎で勃起した時は亀頭が出るのでまだ心配は少ないです。

ですが、真性包茎やカントン包茎は、勃起した時でも亀頭が出る事はなく、カントン包茎にいたっては、痛みすら感じるので本当に厄介な物です。

短小が先か、包茎が先かは断定出来ませんが、短小と包茎がセットになっている方も多いので、短小包茎と一括された悩みにもなっています。


2.短小包茎と早漏の関連性

この短小包茎と早漏にも因果関係があります。

と言いますのも、包茎で普段から亀頭への刺激が少ない為に、セックス時、女性へ挿入した時の気持ちよさが我慢出来なくなり、女性が喜んで感じ始める前にひとりだけ先に射精してしまうのです。

ですから、短小+包茎=最悪になってしまうのです。

仮性包茎の方も、普段から意識して亀頭を出すように努力していればまだマシなのですが、真性包茎やカントン包茎の方は、そういう訳にもいきません。

つまり男性器の悩みは、短小や包茎に早漏と色々ありますがどの悩みにも通じる物があり、早漏だけの悩みならまだ自分の力だけで克服する事も出来るかもしれませんが、短小包茎は自分の力だけでは克服する事が出来ないと言う事です。

真性包茎の方が、自己流で無理矢理に亀頭を出そうと思っても無理がありますし、下手をすればペニスを傷つけてしまう事もあります。特にカントン包茎の場合ですと、激しい痛みすら伴ってしまいます。

ではどうすれば、短小や包茎を克服する事が出来るのでしょうか。それは、恥ずかしがらずに専門医に診察して貰う事です。

ネットで探せば、どの県にも男性の悩みに対する専門医はすぐ見つかります。恥ずかしいのは、最初に先生と話しをする時だけで診察や治療が進む度に、恥ずかしさより希望の方が大きくなります。

男性自身の悩みは、現在や未来のパートナーの悩みにもなりますのでもし悩んでいるのであれば、勇気を出して専門医の門を叩いて、短小や包茎を改善出来る解決を見つけて下さい。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ