仮性包茎の治療

日本人に多い仮性包茎ですが、「勃起時には亀頭が出るのだから問題ないじゃない」と思うかもしれませんが、本人にとってはとても深刻な悩みになります。

放っておいても大丈夫と言われても、やはり出来るものならば仮性包茎を治療したい!と思うでしょう。

そこで仮性包茎の治療について見ていきたいと思います。


1.仮性包茎の問題点

仮性包茎は皮を被っていても手で剥く事が出来るため、機能的にはまったく問題はなく、特に困ったことがなければ治療の必要もありません。

しかし大丈夫と言われてもやはり普通の状態とは違うため、それなりの問題点も出てきます。


【衛生面での問題】

手で剥く事はできても普段は皮が被ったままの状態なのでどうしても恥垢が溜まりやすく悪臭の原因になったり、不衛生のため炎症をおこしたり性病にもかかりやすくなる。


【精神的な問題】

仮性包茎である事をコンプレックスと感じ、女性を避けてしまったり、精神的な不安などから勃起障害(ED)を引き起こしてしまう可能性がある。


【早漏の問題】

亀頭が覆われている状態のため亀頭が刺激に弱く、早漏傾向になる場合が多い。



結構いろいろな問題点があるなと思うかも知れませんが、これらの問題は仮性包茎の治療を行う事で解決します。

また仮性包茎を治療する事で亀頭が出てくるためちんこが大きく見えるようになるという嬉しい効果もあるのです。

見た目にカッコ悪い・恥ずかしいという見た目的な問題だけならば必ずしも治療しないといけないと言う訳でもないですが、現にこれらの問題点で悩んでいるという事があるのであれば、仮性包茎の治療をオススメします。


2.仮性包茎の治療で満足度を得るには?

仮性包茎の治療と言えば、剥き癖をつける事などの自分でできる方法からクリニックでの手術などその方法は実にいろいろあります。

どの治療をどこのクリニックで受けるのかはとても悩む所ではありますが、ただ包茎を治す・料金が安い所などという目先の事でだけで選ぶのではなく、仕上がり後の満足度なども考慮しながら考えてみるとよいでしょう。

衛生面での問題や早漏の問題は仮性包茎が改善されれば治りますが、見た目の精神的な問題はただ手術すればいいという訳ではないのです。

手術しても仮性包茎が治ったとしても、見た目が悪かったり手術の傷跡が目立ってしまっていたら到底満足はできないでしょう。

満足度も得たうえで始めて手術して良かったと思えるようになるのが仮性包茎の治療です。

痛みも何もない仮性包茎はこの満足度が非常に重要になってきます。

トラブルを防ぐためにもまず自分がどうしたいのか・どういうふうにしたいのかなど自分の意思をはっきりとクリニック側にも伝え、クリニック側の回答に納得が出来てから治療を受けるようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ