包茎の原因をっておこう

日本人の70%が包茎だと言われているぐらい、包茎は男性にとってはよくある症状です。

しかしよくある症状とわかっていても包茎であると言う事は男性にとってはとても深刻な悩みとなります。

その悩みを解決するためにもまずは包茎の原因を知ることから始めましょう。


1.包茎の原因

男性の悩み包茎には「仮性包茎」と「真性包茎」「カントン包茎」と種類がありますが、それぞれの包茎の原因は何なのでしょうか?

仮性包茎は包皮が被っていても手で剥く事が出来る状態を言います。

包皮が多く余ってしまっているため通常時だと亀頭が包皮で包みこまれてしまいますが、勃起時になるとちんこが大きくなるため余っていた包皮が伸び亀頭が顔をだしてくるのです。

つまり言いかえると包皮が多い事が仮性包茎の原因の一つと言えるでしょう。

真性包茎は包皮口が狭いため亀頭が出て来れない、また亀頭と包皮が癒着してくっついてしまうと言う事が最大の原因と言われています。

カントン包茎とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、包皮口が小さい人が無理やり包皮を剥いて亀頭を露出した時にカリの部分で包皮が締まってしまう状態です。

輪ゴムで亀頭が締めつけられている感じと言えばわかりやすいかもしれませんが、血流が止まってしまいうっ血を起こして最悪な場合には壊死に至ってしまう可能性もあるため、適切な処置が必要となります。


2.間違ったオナニーで包茎になる!?

思春期を迎えると男性はオナニーを覚え毎日のようにしているという人もたくさんいる事でしょう。

しかしオナニーの仕方を学校で教えてもらえるわけではありません。雑誌やアダルトビデオの見よう見まねでやり始めた人がほとんどではないでしょうか。

しかしその正しいと思っているオナニーが仮性包茎の原因となる事を知っている人は少ないのではないでしょうか。

仮性包茎の原因とされている包皮が多くなる理由の一つにこのオナニーがあげられます。

亀頭に皮が被った状態で竿の部分を上下にこするオナニーを皮オナニー、亀頭を出して刺激するオナニーを亀頭オナニーと言います。

亀頭はとても敏感な部分なので亀頭オナニーは当然ながら刺激が強いのですが、皮オナニーの場合は皮が被ったままなので与えられる刺激は弱くなり、そのため更に強い刺激を求めて手の動きを速め力任せにゴシゴシとついやってしまいがちです。

そうなると皮が伸びて結果的に余ってしまうのです。皮オナニーが正しいオナニーと思っている男性は実はとても多いのです。

抱えている包茎の悩みの原因が、いつも行っている間違ったオナニー法によるものだったという事もあるという事です。

もし皮オナニーをしていたという場合は、極力亀頭への刺激に変えてみるようにしましょう。

亀頭を刺激する事で亀頭を鍛える事もでき、射精コントロールもできるようになってくるでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ