自分でできる真性包茎の治し方

真性包茎の治し方は、仮性包茎ほど楽ではありません。

基本的には病院やクリニックに手術するのがベストな選択性だと思います。

ただし、必ず病院やクリニックで手術を受けなければ治らないという訳ではなさそうです。

最近ネットで話題となっている、自分で真性包茎を改善するグッズなども紹介してみたいと思います。


1:手術で真性包茎を治す

真性包茎は立派な病気です。なので保険の適用となり病院でも真性包茎の治療が可能です。

保険の適用をうければ2万円〜3万円程度で真性包茎を治すことが可能だそうです。

ただし病院は切開や縫合が雑だという評判をよく耳にすることがあります。

大事な部分なので、できる限り丁寧な手術をしてくれると評判のお医者さんに掛かることをお薦めします。

多少費用が高くなっても良いのでしたら、病院よりも美容外科クリニックで手術を受けるほうが術後の仕上がりも綺麗だと評判です。

美容外科クリニックであれば保険を使えないので、費用は高くなりますが、それでも包茎手術であれば5万円〜10万円くらいが相場だそうです。

真性包茎は衛生的にも精神的にも早期に治療することをお薦めします。


2:手術以外で真性包茎の治し方

真性包茎というのは、包皮の開口部が狭く、亀頭が露出できない状態のちんこをいいます。

この状態のちんこを無理に剥こうとすると、勃起した状態で皮が元に戻らなくなり、止血状態となり危険を伴うことがあります。
このような状態のちんこを「カントン包茎」といいます。

ですので、個人で真性包茎を治すことはなるべく避けたほうが良いと思いますが、どうしても自分でチャレンジしてみたいというのであれば、皮がよく伸びるようにお風呂の中で剥く練習をすることをお薦めします。

それと真性包茎を治す器具も販売されているようなので、これらの器具をインターネットなどで購入して試してみるという方法もあります。

口コミ情報などを読んでみると「効果があった」と答えている人もいますので、どうしても手術は避けたいという人には試してみる価値があるかもしれません。

ちなみにそのグッズの代表的なもので「キトー君」という商品があり、およそ1万円前後で購入できるようです。

ですが、真性包茎やカントン包茎は立派な病気ですので、やはり専門医やクリニックで適切な治療を受けることを強くお薦めします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ