包茎でもセックスは出来るの!?

包茎はセックス出来ないのでは、と心配している男性がいるかもしれません。

結論から言うと、包茎であっても女性とセックスする事は可能です。セックスという意味が、男性の陰茎を女性の膣に出し入れするという事なら、包茎でもそういった運動は出来るという事です。

仮性包茎の場合は、勃起すると包皮が剥ける事が多いので、セックスに全く支障がないと言えます。勃起した時に、やや皮が被っている事もありますが、その時は手で根元まで剥けばいいだけです。

問題は、真性包茎やカントン包茎のケースです。今回は、これらについて説明していきたいと思います。


1.真性包茎はセックスしづらい

真性包茎でもセックスの動きを、やろうと思えばなんとか出来るものです。それは前途した通りです。

また男性も女性も、それなりに感じる事が出来ます。どうしても両者ともに感度が鈍りがちという現実があります。

真性包茎の方だと、通常時も勃起時も、亀頭が完全に露出出来ない症状です。女性とのセックスは、包皮が前後に移動する事によって、円滑なピストン運動が可能になるのはご存じの通りです。

ですので、包皮が前後にあまり動かない真性包茎においては、セックスの楽しみが減ってしまう事になります。負担が掛かって、いつ包皮が裂けてしまうかが気になり。男性にも思う存分楽しめない所があります。

また常に亀頭が包皮によって過保護状態にあるために、先細りのペニスになりやすく、亀頭が小さくなります。

すると男性器を挿入された側の女性は、あまり気持良くならないという事があります。女性にしてみれば、陰径部と亀頭の段差が膣内の壁を摩擦で刺激するので、気持良く感じるからです。

その他亀頭が過保護状態にあると、亀頭の皮が薄くなり、刺激に敏感になります。これが早漏をもたらし、短時間で射精してしまうことになります。

逆に不感症となってEDになる事もあります。これは陰茎海綿体に、血液がうまく流れ込まない事により発生します。


2.避妊しづらい、ばい菌の感染の問題も

また最も大きな問題として、真性包茎でセックスする場合、コンドームがうまく装着出来ないという事があります。

コンドームは、一旦ペニスの皮を剥いてから装着するようになっています。でも真性包茎の場合は、元々包皮が剥けていないので、装着不良となって性行為の最中に外れやすいのです。

なので女性は安心して避妊する事が出来ないので、悩みの種となります。子供を作るつもりなら問題ないです。

それともう一つ真性包茎のセックス時の問題として、ペニスの恥垢が女性の膣に付着するという危険性があります。そうなれば、子宮がんを発症するリスクが出て来ます。女性がこの事を気にすれば、セックスを楽しむ気持も半減するというものです。

子宮頸がんにまではならなくても、ばい菌が沢山いそうな恥垢が膣内に入れば、炎症を起こしたり性病にかかったりと、女性側に色々な不安が出て来てしまいます。

真性包茎は、仮性包茎とは雲泥の差があります。仮性包茎は、医学用語で偽包茎とも言われるように厳密には包茎ではありません。

泌尿器科では真性包茎のみが保険適用されるというのも、うなずけます。それだけ緊急性の高い症状が真性包茎なのです。カントン包茎は、仮性と真性の中間的な位置づけですが、泌尿器科の医師の判断によっては、保険適用となるほど危険な症状です。

そこで包茎手術によって治す選択肢が出て来る訳ですが、泌尿器科では保険が利く反面、仕上がりが目立ち、いかにも包茎手術を受けたという事がすぐにばれてしまいます。また包皮にある性感帯まで容赦なく切除してしまうので、手術後に包茎時のようにセックスしても感じにくくなってしまう危険性があります。

その点、美容整形外科は保険が利かず、費用は高いとはいえ、仕上がりが非常にキレイになります。包茎治療を受けた事を女性に気付かれる心配は全くないと言えます。

しかも性感帯も切除することはないので、包茎前以上にセックスを楽しめるようになりますので包茎手術を考えておられるのであれば、是非、美容整形外科での包茎手術をお勧めします。

あなたのペニスを包茎手術して、何の違和感もなく女性とのセックスライフを満喫して下さい。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ