リング着用で包茎が改善される?!

包茎を自力で治す事が出来る包茎器具が販売していて、その中に包茎リングという手軽に治療を行えるものがあるのです。

今回は包茎リングの効果や効能、そしてどんなものなのか紹介していきましょう。


1.包茎リングは効果があるのか

まず始めに、包茎リングは包茎が完治する物では無いという事を知っておきましょう。

包茎治療器具、グッズは沢山販売されていますが、基本的に100%包茎が治るなんてグッズはありません。勿論、包茎リングもです。

あくまでも治る可能性を求めて使用する器具になります。そこは勘違いしないようにしておかなければなりません。

包茎リングは、剥き癖を付ける為の矯正器具ですから余った皮がなくなる事は無いのです。余分な皮を無くし包茎を卒業するには、包茎手術しか選択肢がありません。

しかし、余分な包皮を上手く癖付けることで仮性包茎を卒業出来る可能性があります。そして、その可能性を追い求めたのが包茎リングという事です。

勿論、利用者の中には仮性包茎が治った方なども居ます。なので、包茎リングで仮性包茎が治る可能性もゼロではありません。

包茎リングも剥き癖を付ける治療法なので、本当に剥けたままになる事もあるのです。


1. 包茎リングは色々な種類を試してみる

口コミや評判でもアレはダメだったけどコレは効果があったなどという内容を見かけます。

個人差や仮性包茎の症状にもよるのでしょうが、効果が現れる包茎リングとそうでないものがあるようです。

そもそも包茎リングと一括りでお話していますが、めちゃくちゃ種類が豊富です。沢山の販売元から商品が発売されていて、値段や形なともバラバラです。また自分のペニスにフィットするかも使用するまでは分かりません。

一つ使用して合わないから、効果があまりないからと諦めるよりは覚悟を決めて数種類試して見る方がいいでしょう。


2.ダメ元で挑戦する

包茎リングに過度な期待はしてはいけないです。

仮性包茎が治る可能性もあるが、治らない可能性の方が高いのです。包茎リングとはそれくらいのものなのです。

包茎リングさえ手に入れたら仮性包茎が治るなんて思ってはいけません。

ただ包茎リングを購入して試すなんて馬鹿らしいとは言いません。治る可能性は少しでもあるのであれば、挑戦してみるのは悪くありません。

そもそも仮性包茎は手術しなくてもいいと言われている包茎です。日本人男性の7割が仮性包茎とも言われている程です。

わざわざ仮性包茎を手術するのであればその前に一度、包茎リングによる自力治療に挑戦してみてからでも遅くないと感じます。

包茎手術を行う前にダメ元で挑戦する、そんな捉え方がぴったりなのではないでしょうか。剥き癖を付けるタイプの治療法は、時間も掛かれば運も必要です。だからこそ、治ればラッキーと考えて使用してみて下さい。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ