短小の原因を突き止めるよりちんこを大きくする方法を探そう

このサイトを訪れた貴方はペニスの大きさに自信がありますか?

短小の原因を突き止めるよりちんこを大きくさせる方法を探しましょう。


1.ちんこの悩みは意外に大きい

ちんこを大きくしたい、体は成長したのにどうして短小なままなのか…その原因はさまざまです。

体の悩みでも特に相談しにくく、コンプレックスに感じるペニスのサイズは男としての自信にも大きく影響を及ぼす大きな問題です。

自信が持てずに恋愛も仕事も積極的に慣れないというマイナスの性格形成をしてしまうこともあるでしょう。

では、どうしてペニスは大きくならなかったのでしょうか。ちんこが大きくならなかった短小の原因を知りたいと思う人も多いかもしれません。

しかし、本来は「どうして小さいか」ではなく「どうしたら大きくなるか」と考える方が、ポジティブです。

短小ちんこの原因には、早期からのオナニーがよくあげられ、大きく成長できなかった理由にはホルモンが関与していると言われています。

しかしこれは個人差が大きく、早期からオナニーしまくっていた人でも大きなペニスを持っている人も多く存在します。

また、包茎などの成長を妨げる原因により大きく成長できず短小ちんこになっている場合もあります。

真性包茎の場合は、手術などで改善する必要があります。

しかし、包茎が手術で治ったからといって突然むくむくとペニスが増大するかといえば、それも間違いです。

早期からの過剰オナニーや、生まれつきの真性包茎など色々原因はありますが、どのようにしたらペニスを増大できるのか対策を考えていきたいと思います。


2.ペニス増大の方法をプラスする

くよくよと原因を悩んでいたところで短小ちんこは大きくはなりません。さて、ペニスを増大させる方法をいくつかお伝えしたいと思います。

まずは、ペニスをトレーニングするというもの。これは早漏を治す訓練にもなりますし、悪くはありませんが効果が表れるのは時間がかかります。

また、必ず効果があるというものでありませんので、気持ちを強く持ち継続するのはストレスになる可能性もあります。

また、ペニスを増大させるための器具も販売されていますが、使用法によってはペニスを痛めてしまうこともあります。

トラブルを起こしても病院に行きにくい部位ですので、恥ずかしい思いはしたくないですよね。

脅すわけではなく、効果がある人もいるとは思いますがリスクを考えた場合、器具の購入費用や人知れず使用するための空間と時間が必要になります。

見られるのは恥ずかしいので、こっそり使用しなければならず少なからずストレスを生じます。

最も簡単でおすすめできる方法は、増大サプリメントでしょう。

男性ホルモンを促す成分や精力アップ効果のあるもの、血流を増やしてくれるものなど様々なサプリが開発、販売されています。

誰にも知られることなく簡単に、短小ちんこを大きくさせる原因になり得るのはサプリだけかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ