短小の悩みは手術で改善できるというのは本当か?

包茎や短小などの性的な悩みを抱えている男性はすごく多いのが現状です。

とくに日本男性の7割以上が包茎だといわれていますし、日本人男性は世界的にみてもちんこが小さいことで有名な民族なのです。

しかし、これらの悩みは簡単な短小手術によってどれも改善することができます。

どうしても自分のちんこに自信が持てずコンプレックスを抱えているのであれば、早期の段階で手術などの対策を真剣に考えるのも良い方法だと思います。

包茎手術やペニス増大手術を受けることが恥ずかしいと思っている男性も多いようですが、女性が美容整形を受けるのと同じです。

美容整形は世界的にみても決して恥ずかしいことではありませんし、諸外国では当然のようにおこなわれています。

美容クリニックも最近ではテレビ番組で取り上げられたり、有名雑誌などにも多数広告を掲載していて、明るいクリーンなイメージつくりをしています。

今後ますます、美容クリニックを利用する女性も増えるでしょうし、男性の利用者も増加することが予想されています。

美容クリニックでどのように短小を改善するのかについて簡単に説明しておきます。

まず基本的には、短小改善として行う治療は注射と手術だと思ってください。

注射により特殊な成分を亀頭やペニスに注入するという治療方法があります。

これは注射を打つだけなので、30分くらい時間があれば誰でも簡単に受けることができます。



料金も比較的安価ですし、痛みもありません。
日帰りで受けることができますので、誰にも知られる心配もありません。

ただし注射による治療は基本的に亀頭部分の増大や陰茎部分の増大ですので、短小の直接的な改善には繋がりにくいです。

やはり短小を直接的に治療したいのであれば手術を受けることをオススメします。

手術といっても大げさなものではありません。
ほぼ日帰りで受けることができるので入院などの必要はありませんし、術後2〜3週間もすれば今まで通りに性行為をすることも可能です。

短小改善で有名な手術といえば、長茎手術などがあります。
これは体内に埋没している部分のちんこを体外に引っ張り出すという手術になります。



男性の多くがちんこの半分くらいは体内に埋没しているといわれており、その部分を取り出すのでちんこが小さい男性ほど効果が大きいことでも有名です。
そのため場合によっては、プラス7cmや8cmもペニスが長くなる人がいるそうです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ