短小ペニスの定義を調べてみました

短小ペニスだと思いこんでいる男性は多いようですが、統計的にみて本当に短小ペニスである割合は比較的少ないのだそうです。

男性の場合、加齢とともにお腹がでてきますので、その脂肪のせいでペニスが小さく感じる男性も少なくないようです。


1:ペニスの長さの割合

非勃起状態でペニスの長さを測ってみたことがあるでしょうか?

日本人は世界的にみてもペニスが小さい部類に入るそうで、非勃起時のペニスの長さは平均で9cm程度だそうです。勃起時の平均でも13cm前後だそうです。

また女性器の入口から、子宮部分までの深さの平均が8cmくらいだそうです。つまり、勃起時にペニスの長さが8cm以上あれば、子宮の奥まで届くことになります。

これを踏まえて、勃起時のペニスが8cm未満であれば、短小ペニスという見方もできますが、勃起時にペニスが8cm未満の割合を調べてみると、4000人〜4500人に1人の割合だそうです。

繰り返しになりますが、男性は自分のペニスを真上から見下ろしますので、横からみるよりも小さく思いがちです。

さらに加齢によるお腹の出っ張りが余計にペニスを小さく感じさせてしまう原因になります。

ペニスの測り方ですが、ペニスが勃起した状態で上側を恥骨に押し当てるようにして測ります。

お腹が出ている中年男性であれば、これで2〜3cmは長くなるはずです。

目に見えている部分だけをみて、自分は短小ペニスだと思い悩むのは止めましょう。


2:8cm以下であれば・・・

勃起した状態で計測してみて、ペニスの長さが8cmに満たないという場合は専門科医の診察を受けてみるのもよいでしょう。
ただし、病理的な問題がなければ通常の医院では治療は難しいと思いますので、そのときは美容クリニックなどに相談をしてみるのが一番合理的な方法だと思います。

ほとんどの男性が美容クリニックの治療(手術)により、ペニスを長くすることが可能だそうです。
平均で3cm〜5cmくらいは誰でもペニスが長くなるそうですし、短小ペニスの男性であれば、それだけ埋没している部分が長いことになりますので、平均よりもペニスを長くすることも可能だそうです。

これは美容クリニックの広告でみたのですが、治療前は8cm程度だったペニスが手術により15cmオーバーのペニスになった男性も珍しくないそうです。

多少の費用は覚悟しなければなりませんが、それでコンプレックスを解消することができるのであれば、検討してみる価値は十分にあるのではないかとおもいます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ