短小の基準って何センチなんでしょうか?

1:短小とは?

短小というのは、俗に男性の性器(ちんこが小さいことを指している言葉です。

ちんこは男性のシンボルでもあり、そのちんこが小さいことは男性にとって大きなストレスになりますし、深く思い悩む男性も少なくありません。

自分が短小であることで自信を失い、パートナーとのセックスができなくなる男性もいますし、あまりのコンプレックスから円形脱毛など身体的なストレスへと発展することも多々あります。

しかし驚くことに日本人男性の3人に1人は短小の悩みを抱えているといわれていますし、包茎の悩みを抱えている日本人男性は7割以上だとも言われています。

そこで今回は、短小の基準を詳しく話していきたいと思います。


2:短小の基準

インターネットなどを使い日本人の平均ちんこサイズを調べてみたのですが、調査した機関によりデータに多少の差があることがわかりました。

あるサイトでは日本人の平均ちんこサイズは通常時=9.3cm、勃起時=13.6cmとなっているのに対し、他のサイトでは通常時=8cm程度、勃起時=12cm〜15cm程度と書かれていました。

このように平均サイズひとつ調べるにしても、正式なデータがないことがわかりますし、調査機関によってデータの数値に誤差があることがわかります。

色々なサイトや調査データをみた結果、わたしなりの平均サイズをだしてみると、通常時9cm、勃起時=13.5cmくらいというのが一番シックリくる感じがしました。


3:女性器から推測する

次に調べてみたのが、女性の意見です。女性はペニスの大きさをどれくらい気にしているのでしょうか?

これも色々なサイトを調べてみてわかったのですが、小さいちんこよりも大きすぎるちんこの方が嫌だと回答している女性が多いことにビックリしました。

やはり日本人男性のちんこが世界的に小さいこともあり、日本人女性の性器もそれに合う形になっているのだと思います。

その証拠に女性器の平均的な深さは入口部分から最深部まで、約7cm〜8cmくらいだそうです。

つまり、ちんこが勃起した状態で10cm程度あれば、十分女性器の最深部まで届いている計算になります。

勃起時のちんこ長が10cmを超えているのであれば、そこまで短小を気にする必要はないとおもいますし、日本人男性のちんこ基準値は十分にクリアしていると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ