短小とは?サイズの基準や定義について

自分は短小だと思っている男性が多いようですが、いったいどれくらいのちんこであれば短小なのでしょうか?

友達と比べて小さいから短小だと思っている人もいるでしょうし、エッチなDVDなどの男優と比べて短小だと思っている男性もいます。

自分が短小だと思っているだけで、実はそんなに短小ではない!という男性も少なくないはずです。



そこで今回は、具体的にどれくらいのサイズからが短小なのかを真剣に考えてみたいと思います。

まず、上記でも書いていますが友達やAV男優と比べて、自分は短小であるという決め付けは何も意味がありません。

女性がCカップで「わたしオッパイ小さいから嫌だ!」と言っているのと同じです。

男性からすれば女性のCカップは決して貧乳ではありません。

でも女性は真剣に自分のオッパイが小さいと思い悩んでいます。

男性のちんこサイズもこれと似たような物があると私は思います。



では具体的に男性のちんこサイズについて考えてみたいと思います。そもそも日本人は世界的な平均よりもちんこサイズが小さい民族であることに間違いありません。

なので外国人のペニスサイズと比較するのは、根本的に間違っています。そして、エッチなDVDに出ているような男性というのは、基本的に自分のペニスに少なからず自信を持っている人が多いでしょう。

なのでAV男優のちんこサイズと比較するのも間違いだと思います。

具体的に日本人男性の平均ちんこサイズは、非勃起時で8cm〜10cmだと言われており、勃起時の平均では13cm前後となっています。

しかし平均よりも小さいからといって、すぐに短小という結論も間違っていると思います。

これはわたしの勝手な考えなのですが、あくまでも平均が13cmくらいなのですから、+-1cm〜2cmは許容範囲だと思います。



勃起時で考えると11cmくらいあれば短小とは言い難いというのが私の考えです。

実際に何かのサイトで見たことがありますが、

日本人男性の短小の定義は勃起時のサイズが「7.0cm以下」というのをみたことがあります。

自分が勃起した状態でちんこサイズを測ってみて、7cm以下であれば短小だと思っても仕方ありません。

もし7.0〜10.9cmくらいであれば、短小予備軍とでもいいましょうか。

11cm以上であれば決して短小ではありません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ