短小・包茎・早漏の悩み

日本人男性が自信のちんこに関して悩みを抱える三大要素がこの「短小」「包茎」「早漏」です。

それぞれの悩みについて少し解説していきたいと思います。


1:短小の悩み

短小で悩む前に基本的な日本人のペニスサイズを知っておきましょう。

もしかしたらお友達と比べて小さかったと悩んでいても、実はその友達のちんこが日本人平均よりもすごく大きかったなんてこともありますからね。

日本人のちんこは勃起時の平均が13.5cmです。通常時であれば8cm程度です。

しかしこれよりもサイズが小さいからといって即短小だと悩む必要はありません。少々平均よりも小さくても短小とは言えません。

短小と悩むくらいのサイズというのは人それぞれ違うと思いますが、わたしが思うには勃起時10cm以下だと思います。

ただし女性器の深さは平均7cmだそうです。つまり9cmや10cmのちんこでも十分に子宮にまで届くことになります。


2:包茎の悩み

次に包茎で悩んでいる人も多いでしょう。しかし、包茎には真性包茎と仮性包茎があり、仮性包茎であればまったく悩む必要もありません。

なにせ日本人男性の7割以上が仮性包茎だと言われているのですから。

仮性包茎をみても女性はなんとも思いませんし、それが普通だと思っている女性の方が多いくらいです。

仮性包茎は勃起時には普通に皮が剥けるちんこのことをいいます。

通常時は皮を被っていても、勃起時に皮が剥ければ何の問題もありません。

自分が真性包茎であると思うのであれば、病院に行き診察を受けてみましょう。

それで真性包茎だと診断されれば、保険の適用内で治療を受けることができます。


3:早漏の悩み

ちんこの大きさや包茎は治療をすれば、解決できる問題なのですが、この早漏だけはなかなか治療法にも個人差があり、かならずこれで改善できるという方法が確立されていません。

そのため、色々な方法を試す人が多いのですが、自分にあった治療法をみつけることが一番の近道です。

バイアグラのように勃起を促す効果があるクスリのなかには、早漏を防止する効果もありますので、このようにサプリメントに頼るのも良いですし、美容クリニックなどで早漏治療を実施していますので、そちらに相談するのも良いと思います。

ただし最初はできるだけ費用がかからない方法を試してみることをお薦めします。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ