成長期を過ぎてもちんこは成長するのか?

ちんこを大きくしたいと思った時に、疑問の一つが「成長期を過ぎてもちんこは成長するのか?」ということかと思います。

そこで今回は、ちんこの成長と時期や年齢について解説したいと思います。

1:ちんこが成長する時期

ちんこは6歳くらいまで徐々に成長し、それを機にいったん成長が止まるといわれています。

再度ペニスが成長を開始するのは、思春期を迎える13歳〜14歳くらいだといわれており、ちんこの毛が生えだす頃だと思ってください。

そして思春期に成長を始めたちんこは約5年ほどで完成するそうです。

つまり、ちんこが最終的に成長を止めるのは18歳〜20歳くらいというのが一般的のようです。

いったん成長が止まってしまうと、それ以降は良くても1cm程度の成長しかしないという話を聞いたことがあります。

しかし、完全にちんこが成長しきれないまま止まってしまう男性も多いらしく、そのように成長できなかったちんこは体内に埋もれたままの状態になっています。

その埋もれた部分のちんこを取り出すのがペニス増大手術として知られています。

このように体内に埋もれたままのちんこを引っ張りだすことで、最長5cmくらいはちんこが長くなることがあるそうです。


2:ちんこの平均的サイズ

日本人は世界的にみてもちんこが小さい人種だそうです。

これは世界的に有名なコンドームメーカーが各国の平均ちんこサイズを公表していることでも証明されています。

ちなみに日本人の平均ちんこサイズをご存知ですか?

ある機関が発表している日本人男性の平均ちんこサイズは通常時で「約8cm」だそうです。

諸外国と比較してみると、アメリカが「約8.6cm」、イタリアが「約9.9cm」となっています。さらに最も大きいフランスだと「約11.9cm」もあるそうです。

ちょっとこのデータをみたとき、わたしは軽くショックを受けました。

日本人はアメリカ人などと比べても小さいとは思っていましたが、フランス人とではこんなに差があるのかと・・・・(泣)

ちょっと怖いですが、勃起時のサイズも比較してみましょう。

日本人が勃起したときに平均サイズは「約13.0cm」となっています。

ちなみにアメリカが「約12.7cm」で、イタリアは「約14.9cm」だそうです。

あら?アメリカが思ったよりも小さい(笑)

でもフランスは「約15.7cm」となっていますので、日本人よりも約3cmくらい長いことになります。

余談ですが、わたしが見たデータで一番小さい国はお隣の韓国でしたね。

あらら・・やっぱりアジア人はちんこが小さい人種なんでしょうかね。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ