あなた男性器はどう!?正しいサイズの測り方

一度は、誰でも自分の男性器のサイズを測った事があるでしょう。しかし測り方は、その人それぞれでどの測り方が正しいのかは分からないのが実情。

正しい男性器の測り方で、実際の自分のサイズを把握しましょう。


1.まずは、男性器の測り方について

男性器を測ると言っても色々な角度からの測り方があると思います。直径、太さ、亀頭の大きさなどサイズを知りたい箇所はいくつもあります。

グッと根元まで押し当てて測ったり、太さなどは少し緩めに測ってみたりなど。あとは、測る物にもよってサイズが変化します。定規やメジャーなど。

どんな物で、どの様に測るのが一番正しい測り方なのか、紹介して行きたいと思います。

これで、あなたの男性器の正確なサイズが分かる事でしょう。自身のペニスを大きくする方法としてやはり1センチでも大きく測りたい気持ちは、男性にとってはかなり重要なポイントになるでしょう。しかし、正しい測り方で自分の男性器のサイズを把握しましょう。

では、早速どの測り方が正しいのか、お教えしましょう。


1. 定規で男性器の正しい測り方

体型なども、人それぞれなので測り方もやはり人それぞれだと思います。太ってる方などは、皮下脂肪率が高いので実際には平均的な長さがあっても、見た目では埋没していて少し短いと思われます。

定規では、男性器の長さを測るのが一般的だと思われます。測り方としては、恥骨に当たる様に付け根や根元に押し当てペニスを水平にして定規をペニスの上に乗せ、ある程度正確に男性器のサイズを測る事が出来るでしょう。


2.メジャーで男性器の正しい測り方

メジャーでは、やはり太さを測るのが、一般的ですね。竿の部分や亀頭などです。

竿に部分は、人によって根元が太かったり、真ん中辺りが太かったりと様々ですよね。竿の部分はどこを測っても良いと思いますが、一番太い部分を測るのも良いでしょう。

メジャーなどで、竿の部分に巻き付けて周囲の長さを測ります。メジャーなどがなければ、紙などを長く切って巻き付けて印を付けてから、定規などで測るという測り方もあります。


3.きちんと正確に測ってみて

正確に男性器のサイズを測ると、今まであなたが測った測り方と長さや太さが短くなってしまったり、もしくは大きくなっているかもしれません。

しかし、正しく測る事によって今後あなたのペニスを大きくする方法に大いに役立つ事になるかもしれません。ですので、ペニスを大きくする方法を試した時に確実に男性器のサイズが長くなっていたり、太くなったりしている事でしょう。

きちんとした測り方で測っておくことで、一番の基本だと思うのでそこからどれだけ長く、太くなっていくのが楽しみになります。これを読んで、あなたの男性器のサイズを今一度再確認してみて頂けたら嬉しいです。

正しいサイズを把握して、これからのペニス増大に役立ててみましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ