知らないと損する!短小治療について

世界で一番短小男性が多い国を知っていますか?

調査データでは、世界で一番ちんこが小さい男性が多い国は、お隣の韓国です。

韓国人男性の平均ペニスサイズは9.65cmというデータがありますので、
世界標準よりも小さい日本人の10.92cmを大きく下回っています。



この調査は各国のコンドーム売り上げ数などを元に調べられたようで、これ以外の調査でも韓国人男性が世界で一番ちんこが短い国だとなっています。

この調査結果が関係あるのかわかりませんが、

2013年に韓国人男性が短小治療として「蜂毒治療」を実践し、多くの人が病院に担ぎこまれたというニュースをみたことがあります。

蜂毒治療とは、蛸紐のようなものでペニス根元部分を止血するように縛り、ちんこ全体に蜂毒を蔓延させてちんこを大きくするという治療法だそうです。

しかしこの方法では一時的にちんこは大きくなっても、毒気がなくなるとペニスサイズは元の大きさに戻ってしまうといわれています。

つまり、日本人だけでなく短小というのは世界各国共通の悩みであり、短小を治療するためには藁にもすがるほどの強い思いがあることがわかります。

ただしこの「蜂毒治療」のように、間違った情報を信じて実践している男性も多いのが事実です。

日本でも早漏を治療するのに、冷水に長時間つけておくと効果的だという治療法がありましたが、今ではほとんど効果がないことがわかっています。



以前に比べインターネットが普及したことで、効果のある治療法を検索することも難しくなくなりましたが、それと同時に真意がハッキリしていない治療法が蔓延しているのも事実です。

短小の治療を真剣に考えているのであればインターネットのように信憑性がわからない治療を優先するよりも、美容クリニックなど専門機関で受診してみることをオススメします。

美容クリニックの短小治療は高いと思っている男性も少なくないようですが、これもきっとインターネットなどの情報から得ていることが考えられます。

実際には美容クリニックで治療をしても、数万円からできることがありますし、ちんこの部分によって治療費は大きく異なります。

間違った治療を繰り返して時間とお金を無駄にするのであれば、覚悟を決めて専門機関で診察してもらうようにしましょう。

そうすることが結果として時間とお金の節約に繋がることも少なくありません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ